現在位置:

【広報資料】~「伝統産業の日2017」関連事業~ 「作ってみよう!匠の技でマイグッズ」の開催及び参加者募集について

ページ番号213802

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月3日

~「伝統産業の日2017」関連事業~ 「作ってみよう!匠の技でマイグッズ」の開催及び参加者募集について

  京都市では,市民や観光客の皆様に,京都が誇る伝統産業に気軽に触れていただくため,「伝統産業の日2017」の一環として,「作ってみよう!匠の技でマイグッズ」を下記のとおり開催します。

 伝統産業に携わる若手技術者で組織する「京の伝統産業わかば会」の会員が中心となり,「木版画」及び「ミニ提灯」の体験教室を行います。

 是非この機会に,自分だけのオリジナルグッズを制作していただき,京都の伝統産業を肌で感じてください。

 

                            記

1 期  間   

 平成29年3月18日(土曜日)・3月19日(日曜日) 

 木版画10:30~(約2時間)  ミニ提灯14:00~(約1時間半)   

 ※3月19日(日曜日)ミニ提灯14:00~は定員になったため,受付終了いたしました。         

2 会  場   

 京都市勧業館みやこめっせ 1階 第2展示場内

 (京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)

3 内容  (詳細は別添広報資料参照)  

 木版画ハガキの制作体験,ミニ提灯の制作体験

4 申込方法   

 電話,FAX,Eメールによる事前申込制,先着順

 受付開始日:平成29年2月3日(金曜日)

 最終締切日:平成29年2月26日(日曜日)

 ※ ただし,定員になり次第締め切らせていただきます。

 ※ 当日に空きがあれば当日参加も受け付けます。

5 申込先・問合せ先   

 「京都いつでもコール」

  TEL075-661-3755,FAX 075-661-5855

  http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

6 主  催   

 京都市,京の伝統産業わかば会,「伝統産業の日」実行委員会

 

(参考)「京の伝統産業わかば会」とは

京都市では,京都の伝統産業に携わる若手技術者の確保と育成を目的とした「京都市伝統産業技術後継者育成制度」を実施しており,これまでに1,267名の技術後継者が本制度を利用しています。「京の伝統産業わかば会」は,その利用者で組織された団体であり,京都の未来を担う技術後継者として,作品展,研修会,見学会等の事業を実施し,技術の継承及び発展に努めています。(昭和43年設立)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331