現在位置:

【広報資料】「京ものユースコンペティション」受賞者決定及び今後の支援について

ページ番号212629

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月16日

広報資料

平成28年12月16日

産業観光局商工部伝統産業課 電話222-3337

 

 この度,京都市では現代のライフスタイルに適した「京もの」の作品コンペを通じて,京都の伝統産業に携わる若手人材を発掘して支援する「京ものユースコンペティション」の受賞者を,下記のとおり決定しましたので,お知らせします。

 京都の若手人材の発掘に当たり,伝統技術をしっかりと守りつつ,従来の発想に捉われない独創的なアイデアや本人の将来性を評価軸に,国内外で活躍中のメディアや流通,販売の第一線で活躍されている審査員が審査を行い,受賞者を決定しました(事務局:京都伝統産業ふれあい館)。

 受賞者に対しては,大手展示会等での発表の機会を提供するとともに,審査員からのアドバイス等を通し,現代のライフスタイルに溶け込むマーケットニーズをくみ取った売れる「京もの」づくりや,販路開拓につながるネットワーク作りなど積極的に支援していきます。

 またaeru京都直営店『aeru gojo』において,京ものユースコンペティションの受賞者による受賞作品展を開催いたします。是非御覧ください。

 

                                         記

 

1 受賞作品及び受賞者について

(1)グランプリ

     【氏名】藤田 美智(ふじた みさと) 34歳

 

   【作品名】お茶目饅頭喰い人形(おちゃめまんじゅうくいにんぎょう)

        饅頭喰い人形は,賢い子どもの逸話から生まれた人形で,古くから伏見人形などで作られてきた。子どもが利

        口に育つようにと願いを込めて子ども部屋に置いたり,安産祈願や出産祝いの贈り物や商売繁盛を祈願する

        人形として愛されてきた。

        本作品は,新たな魅力として従来の賢さだけでなく,お茶目なかわいさを表現するべく制作された作品である。

 

   【活用した伝統産業技術】京焼・清水焼

 

(2)準グランプリ【2名】

   【氏名】 乙井 一貴(おとい かずき) 43歳

   【作品名】かはほりあふぎ(かわほりおうぎ)

        国産扇子の需要喚起,新しいビジネスモデル「仕立て直し」の提案として,工業デザイナーのルイジ・コラーニと

        京扇子のコラボレーション作品を開発。世界初,左右非対称の親骨を有し,中骨や和紙が破損しても仕立て直

        して使い続けられる扇子である。

   【活用した伝統産業品目】京扇子

 

 

   【氏名】 涌波まどか(わくなみ まどか)40歳

   【作品名】カッペロ ディ プレーテ

        飛鉋(とびかんな)やいっちんなどの伝統技法を取り入れた洋食器。イタリアのシェフとのコラボレーションによ

        り生まれた。料理が映える器とするため,あえて華美な装飾は避け,シンプルなデザインとなっている。

   【活用した伝統産業品目】 京焼・清水焼

 

2 受賞者に対する特典,支援について

  今後も継続して審査員からのアドバイス等をとおして,現代のライフスタイルに溶け込む,売れる「京もの」作りを支援します。

(1)賞金 グランプリ【1名】20万円,準グランプリ【2名】10万円

(2)展示販売の場及び情報発信ツールの提供(予定を含む)

   ア 販路開拓につながるバイヤー等を招致した展示会への出展支援

   イ aeru京都直営店『aeru gojo』での展示会の開催

   ウ 雑誌「Discover Japan」(予定)への掲載

(3)受賞者に対する継続的な支援

   今後も継続して審査員からのアドバイス等を通して,現代のライフスタイルに溶け込む,マーケットニーズをくみ取った

  売れる「京もの」作りの支援に取り組みます。

 

<参考> 応募概要

 (1)テーマ:「現代の『衣・食・住』『遊』『祝』など生活の様々なシーンを豊かに彩るもの」

 (2)募集期間:平成28年9月7日(水曜日)~11月16日(水曜日)

 (3)応募者数:14名

 (4)応募業種:京焼・清水焼(4),京漆器(3),西陣織(2),京友禅(1),京竹工芸(1),京石工芸品(1),

          京都の金属工芸品(1),その他(1)

  ※( )内は応募者数

 

3 aeru京都直営店『aeru gojo』における受賞作品展について

(1)日  程  平成28年12月17日(土曜日)~平成28年12月25日(日曜日)

(2)場  所  aeru京都直営店『aeru gojo』

         京都市下京区松原通室町東入玉津島町298

(3)展  示  平成25年度からの受賞者と今年度の京ものユースコンペティション受賞者

          (グランプリ・準グランプリ)の受賞作品を展示

(4)展示作品数  6点(予定)

 

(参考)“0から6歳の伝統ブランドaeru”京都直営店『aeru gojo』について

 100年佇む京町家にある,『aeru gojo』。足を踏み入れると,畳のい草の香りがいっぱに広がり,ゼンマイ時計が時を刻む。そんな,昔ながらの日本の暮らしを感じることのできる空間で,"0から6歳の伝統ブランドaeru"の商品を販売している。

 aeruは,『日本の伝統を次世代につなぎたい』という想いから誕生したブランドで,伝統や先人の智慧(ちえ)と,現代を生きる私たちの感性を和えた,オリジナル商品を日本全国の職人とともに作り,展開している。
 幼少期から共に育ち,大人になっても使い続けられる, 次の世代にも引き継いでいける,そんな一生モノを生み出している。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331