現在位置:

【広報資料】平成28年度京都市伝統産業「未来の名匠」認定式~伝統産業の未来を担う「未来の名匠」10名を認定~

ページ番号212119

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月7日

広報資料(経済同時)

平成28年12月7日

産業観光局(商工部伝統産業課 電話 222-3337)

平成28年度京都市伝統産業「未来の名匠」認定式について

 

 京都市では,1200年を超える悠久の歴史の中で脈々と受け継がれる匠の技を未来に継承し,今後の伝統産業界を牽引する人材を育成することを目的に,京都市内で活躍する優秀な伝統産業中堅技術者の方々を「未来の名匠」として認定しています。

 この度,8業種10名の方々を新たに認定するため,京都市伝統産業「未来の名匠」認定式を開催しますので,お知らせします。

 認定式では,門川大作京都市長から認定証及び奨励金(10万円)を贈呈します。

 

平成28年度京都市伝統産業「未来の名匠」認定式

(1) 日  程 平成28年12月12日(月曜日) 午前9:30~午前10:30

(2) 場  所 京都ロイヤルホテル&スパ 2階「祥雲」

(3) 被認定者 10名(別紙 認定者一覧のとおり)

(4) 認 定 者 門川大作京都市長

 

平成28年度京都市伝統産業「未来の名匠」被認定者概要

(1) 人  数 10名(16名申請者)

(2) 年  齢 40歳から58歳まで ※平成28年4月1日時点

(3) 業  種 8業種(別紙 認定者一覧のとおり)(男性7名,女性3名)

 

 

その他

今年度の被認定者の作品を次のとおり2箇所で披露する予定です。

○京都市伝統産業「未来の名匠」技の披露展

(1)首都圏での披露展

   日 程 平成29年2月4日(土曜日)

   場 所 KITTE(東京丸の内)

 

(2)京都での披露展(「伝統産業の日」関連事業)

   日 程 平成29年3月

   場 所 京都駅ビル インフォメーション前 等

(参考)「未来の名匠」認定制度について

1 事業概要

  京都の伝統産業の優れた技術を有し,今後の伝統産業業界を牽引する中堅技術者を「未来の名匠」に認定し,中堅技術者の意欲向上,人材育成を目的とする。

2 経緯

  本市では,昭和42年度から,「京都市伝統産業技術後継者育成制度」(若手技術者)と「京都市伝統産業技術功労者顕彰制度」(熟練技術者)による支援制度を実施しておりますが,伝統産業の中核を担う中堅技術者の意欲向上に資する取組がなかったことから,平成22年度に,中堅技術者を対象にした「京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度」を創設しました。

3 応募について

  応募資格…年齢60歳未満

          従事期間11年以上

          京都市内の事業所において伝統産業に従事していること

  表   彰…「未来の名匠」の称号,表彰状

         奨励金10万円

  認定人数…最大10名以内

  表彰者数…58名(27年度末現在)

平成28年度京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度 被認定者一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331