現在位置:

【広報資料】京都伝統産業ふれあい館における ‘花街の芸妓さん’による「芸妓舞台」の開始について

ページ番号205291

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年9月9日

広報資料(経済同時)

平成28年9月9日

(公財)京都伝統産業交流センター(762-2670), 京都市産業観光局(商工部伝統産業課222-3337)

  西陣織,京友禅,京扇子,かつら,花かんざし,京足袋....

  奥ゆかしい京の芸舞妓さんが身にまとう装飾品の数々は,長い歴史のなかで培われた,伝統産業の職人の技が光る逸品ばかりです。

  この度,京都伝統産業ふれあい館では,これら京都の伝統産業製品を広く知って頂くため,また,花街の素晴らしい文化を体感してもらうために,「芸妓舞台」を開始しますので,お知らせします。

  舞妓さんは,芸妓さんになるための修業期間であり,芸やもてなしの心を完璧に身につけた芸妓さんこそ,京都の,花街の文化の体現者とも言えます。

  新たに開始する「芸妓舞台」では,三味線などの芸と,身に着けている伝統産業製品について芸妓さん本人による解説などを行います。

  まさに日本の美しさをまとった芸妓さんの,華やかな舞台をお楽しみください。

 

1 日時

  平成28年10月10日(月曜日・祝)午後2時,2時30分,3時開始の1日3回公演

  (1回公演当たり約15分)

 

2 場所

  京都伝統産業ふれあい館(左京区岡崎成勝寺町9-1みやこめっせ地下)

 

3 出演

  美恵雛(みえひな)さん(花街:宮川町,屋形:春富(はるとみ))

 

4 鑑賞料

  無料

  ただし,最前列10席のスペシャルシートは各回1,000円で芸妓さんとツーショ

 ット写真1枚撮影付き(各回先着順)。

  ※スペシャルシートチケットは,各回とも当日午後1時から伝統産業ふれあい館

   西入口前にて販売。事前予約不可。

 

5 定員

  先着70名(スペシャルシートを含む) ※このほか,数名様の立ち見は可能

 

6 今後の予定                                                                 

  第2回 11月3日(木曜日・祝)

  第3回 12月4日(日曜日)

  ※以降の実施については,ふれあい館のホームページでお知らせします。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331