現在位置:

【広報資料】訪日外国人向け情報発信店舗「おみやげ街道×京都伝統産業ふれあい館」のオープン及び事前取材について

ページ番号204514

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年8月24日

広報発表(経済・青灯同時)

平成28年8月24日

京都市産業観光局(商工部伝統産業課(222-3337),(公財)京都伝統産業交流センター(762-2670)),西日本旅客鉄道株式会社(近畿統括本部総務課(広報)06-7668-7012),株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット(総務部広報06-4960-9100)

 この度,西日本旅客鉄道株式会社(本社 大阪市北区,代表取締役社長 来島 達夫)及び株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット(本社:兵庫県尼崎市,代表取締役社長 柴田 信)が,JR京都駅構内に,海外からのお客様向け店舗「おみやげ街道×京都伝統産業ふれあい館」をオープンします。

 これを受けて,京都市及び(公財)京都伝統産業交流センター(京都市左京区,理事長 渡邉 隆夫)は全面的に協力し,海外からのお客様に,京都の伝統産業,伝統工芸の魅力を知っていただくため,「京都伝統産業ふれあい館」で管理する伝統工芸品の一部を展示するとともに,京都市内で伝統産業にふれられる情報等を発信します(海外からのお客様はもちろん,地元を含む国内の方にもお楽しみいただけます)。

 さらに,情報発信に併せて,京都市が厳選した伝統工芸品専門のオンラインショップ「京もの専門店みやび」で取り扱っている工芸品や,日本みやげとして人気の高い菓子や化粧品などもお買い上げいただけます。

 また,海外からのお客様をお迎えするにあたって,この夏,「京都市ビジターズホスト」として京都市から認定された方に,週末などの一部の時間に通訳としてご活躍いただく予定です。

 今後も,西日本旅客鉄道株式会社では,歴史と伝統に育まれた京の伝統産業・伝統工芸や文化を発信し京都の魅力を伝えるとともに,京都への誘客に努めてまいります。

 なお,オープンに先立ちまして,メディアの皆様を対象に,取材・撮影を行っていただける時間を設けますので,併せてお知らせします。是非,取材をお願いします。

1 店舗概要

(1)店舗名称        : おみやげ街道 × 京都伝統産業ふれあい館

(2)店舗位置        : JR京都駅地下東口柵外(京都市営地下鉄京都駅中央改札口横)

(3)運営会社        : 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット

              公益財団法人京都伝統産業交流センター「京都伝統産業ふれあい館」協力

(4) 店舗面積       : 37㎡

(5) 営業時間       : 10時00分~19時00分

(6)開業日時        : 平成28年9月7日(水曜日)10時00分開業

(7)営業期間        : 平成30年夏までの2年間限定

 


      <店舗位置>


       <イメージパース>

2 事前取材

(1)時   間         平成28年9月6日(火曜日) 11時~12時

                (集合 10時50分までにお越しください)

(2)集合場所    JR京都駅地下東口改札出て正面

(3)公開内容    「おみやげ街道×京都伝統産業ふれあい館」

(4)その他         ・店舗が狭小なため,ご不便をおかけしますが,ご理解ください。

                      ・取材時は貴社の腕章を着用してください。

                       ・式典などは予定しておりませんが,11時から関係機関の幹部が事前視察

           を行います(15分程度)。


               受付場所

※誠にお手数ですが,公開取材にご参加いただける場合は,次ページのFAX返信用紙にご記入のうえ,9月1日(木曜日)までにお送りいただきますようお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先

≪伝統産業に関して≫

公益財団法人京都伝統産業交流センター

「京都伝統産業ふれあい館」

電話 075-762-2670 E-mail fureaika@miyakomesse.jp

 

≪店舗・事前取材に関して≫

株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット

総務部(広報) 泉・野﨑

電話 06-4960-9100

 

<参考>京都伝統産業ふれあい館について

京都市左京区岡崎地区に位置する,京の歴史と文化を伝える伝統産業74品目約500点を展示する京都市の施設 (入場無料)。それぞれの作品はもとより,歴史や制作過程等も含め京都のものづくりの歴史に触れることができます。

この他,工房訪問をアレンジする工房コンシェルジュをはじめとして,伝統産業に関する人と人,物をつなぐ情報拠点の役割も担っています。

http://www.miyakomesse.jp/fureaika/外部サイトへリンクします

<参考>京都市ビジターズホストについて

国の特区制度を活用し,京都市及び(公財)京都文化交流コンベンションビューローが育成を行っている京都市独自の通訳ガイド。外国語で京都の奥深い魅力を伝えるべく,ホスピタリティマインドやコミュニケーションスキル等のほか,伝統産業または文化財の専門的知識についての約半年間の研修を経て,口述試験に合格した第1期生56名が,8月27日(土曜日)以降に順次認定される予定。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331