現在位置:

【広報資料】京都伝統産業ふれあい館 開館20周年記念特別展「手しごとを支える道具たち」の開催について

ページ番号201492

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年6月27日

平成28年6月27日

お知らせ(経済同時)

産業観光局(商工部伝統産業課222-3337)

 京都では,長年受け継がれてきた技術と感性を持つ伝統産業の職人が様々な分野で活躍しています。そして,ものづくりを続ける職人に常に寄り添うのが“道具たち”です。手づくりの伝統産業製品の完成までには様々な道具が必要。先代,先々代から受け継がれてきた道具を修理し,時には自分が使いやすいように改良するなど,大切に扱ってきました。

この度,そんな職人が愛用する道具にスポットをあて,作品と共に披露する,京都伝統産業ふれあい館開館20周年記念特別展「手しごとを支える道具たち」を開催しますので,お知らせします。

不思議な見た目に秘められた昔からの知恵,作品づくりの過程も併せて御覧ください。

 

                  記

1 期  間    平成28年7月1日(金曜日)~8月31日(水曜日)

午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)

2 場  所    京都伝統産業ふれあい館内 常設展示場

(左京区岡崎成勝寺町9-1 京都市勧業館みやこめっせ 地下1階)

3 展示内容    伝統産業の職人が使う道具,それらから作られた作品等

4 入 場 料    無料

5 主  催    (公財)京都伝統産業交流センター,京都市

~ 展示予定の道具たち ~

・着物や扇子などの絵や模様を描くのに使った筆や型

・仏像や指物の形を作り出す鉋(かんな)や刃物

・掛軸や屏風を貼る桶や刷毛

・おりんや和鏡を作り出す金属工芸職人の道具

・美しい京人形のたたずまいを仕上げるための道具                    

                 

                              など


  

このお知らせに関する問合せ先

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館みやこめっせ地下1階 電話075-762-2670)

 開館時間 午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

 入館料   無料

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331