現在位置:

【広報資料】2月13日開催!京都市中央市場市民感謝デー「食彩市」について

ページ番号193678

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月5日

お知らせ(経済同時)

平成28年2月5日

産業観光局(担当 中央卸売市場第一市場 tel 312-6564)

京都市中央市場市民感謝デー「食彩市」の開催について

 京都市中央市場では,市民の皆様に日頃の感謝の気持ちを表すとともに,生鮮食料品等の消費拡大を目的に,毎月1回,第2土曜日に京都市中央市場市民感謝デー「食彩市」を開催しています。食彩市では,市民の皆様が普段入ることのできない仲卸店舗において,新鮮で安全・安心な市場の食材を直接御購入いただけます。2月の食彩市を下記のとおり開催しますので,活気と賑わいのある市場に是非お越しください。

1 日時

平成28年2月13日(土曜日)午前10時から正午まで(雨天決行)
※売り切れ次第終了 ※一部の関連事業者店舗は午後1時まで

2 場所 

京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区朱雀分木町80番地)
水産仲卸店舗,関連事業者店舗,綜合食品店舗
※ 会場へは公共交通機関の御利用をお願いします。

3 内容

(1)トピックス

全日本・食学会 キッチンカーイベント(300食限定)
                       <食券販売:午前10時から,引換:午前10時30分から>
 全日本・食学会所属の料理人が,市場の食材を使った,とっておきの逸品を500円(税込)で御用意します。今月の食彩市では,西川 正芳 氏(祇園にしかわ)と小川真太郎 氏(食堂おがわ)による『ハモカツカレー』の販売を行います。この機会に是非,御賞味ください!
※売上の一部を東北復興支援に活用します。 ※内容は変更になる場合がございます。

2月のおすすめ
 栄養満点のカキやアンコウが目白押し!!寒い冬のお鍋にいかがでしょうか。

(2)食品等の販売

ア 水産仲卸店舗
 鮮魚(マグロ,タイ,サワラ等),塩干物(塩鮭,スルメ,いくら,明太子等)の販売

イ 関連事業者店舗,綜合食品店舗
 乾物,漬物,佃煮,肉類,卵,練り製品,陶器,調理器具等の販売,飲食店(和食,洋食,中華,喫茶)での食事

ウ 被災地支援の特設コーナー
 東日本大震災の被災地及びその周辺地域で生産された青果物等を販売

※青果仲卸店舗での販売はありません。

(3)主なイベント

ア マグロの解体・即売 <午前10時,午前11時から>
 プロの迫力ある技を披露!解体したマグロはその場で販売します!

イ 魚さばき方教室(1回:500円) <随時>
 プロが上手なさばき方を実演講習。自分でさばいた魚はお持ち帰りいただけます!

ウ 塩干物店舗イベント <午前10時から>
 塩干物店舗にて300円以上の商品を5店舗で購入した方に抽選で豪華賞品が当たる「スタンプラリー」や,「ちりめんじゃこのつかみ取り(1回:500円)」を実施します!

※ その他,スタンプラリー抽選会,おもちゃのくじ引き等,イベントが盛りだくさん!

(4)サービス

魚の下処理サービス <随時>
購入いただいた魚を三枚におろします。大きなお魚を買っても,調理の心配はありません!
※一部の作業については有料(100円~500円程度)

4 料金

入場無料(※ ただし,会場内での物販,飲食は有料)

5 主催

京都市,京都市中央卸売市場協会

6 お問合せ

京都市中央卸売市場協会
TEL 075‐323‐6777

参考

○参加事業者数
 水産仲卸業者104社,関連・綜合食品事業者95社

○今後の開催予定
 3月12日(土曜日)

○前年同期来場者数
 12,000人(平成27年2月14日開催分)

7 その他

会場へは,公共交通機関の御利用をお願いします。
○市バス
 33,205,208号系統「七条千本」下車
 32,43,73,75,80号系統「京都リサーチパーク前」下車

○ JR山陰本線(嵯峨野線)
 「丹波口駅」下車

8 前回までの様子

水産仲卸店舗,塩干物販売の様子です。

水産仲卸店舗(塩干物)の様子

まぐろの解体の様子です。

まぐろの解体の様子

魚のさばき方教室の様子です。

魚のさばき方教室の様子

9 広報資料

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局中央卸売市場第一市場
電話:075-312-6564 ファックス:075-311-6970