現在位置:

「仕事始めは,きもの姿で。」の取組について

ページ番号192055

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年12月18日

title

京都市役所の仕事始めは,きもの姿で華やかにスタートします。

 日本の伝統文化を支える伝統産業のひとつである,きものを始めとする和装産業は,需要の減少に伴い依然厳しい状態にあります。そのため,京都市では,市と市職員が率先して伝統産業製品を活用し,「和のある暮らし」「京もののある暮らし」を普段の生活に取り入れることを提案する「隗より始めるプロジェクト」を実施しています。

 その一環として,平成28年の仕事始めに当たって,市長をはじめ京都市職員がきものを着用して業務を行う,「仕事始めは,きもの姿で。」の取組を実施します。この取組は今回で8回目となりますが,昨年度は過去最高の451人の職員がきものを着用して業務にあたりました。

 これを契機に,市内の和装業界団体や企業にも参加を呼び掛け,きものの魅力を市民に広くアピールします。

実施日:平成28年1月4日(月曜日)

photo

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331