スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

ページ番号180163

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年3月20日

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

 京都市内の地域森林計画の対象となっている民有林(以下「地域森林計画対象森林」という。)において,立木を伐採する際には,人工林・天然林の別や伐採本数に関わらず,伐採及び伐採後の造林の届出書(以下「伐採届出書」という。)を,以下の窓口に届け出る必要があります。

○届出及び問い合わせ先

 ・右京区京北以外に所在する森林の場合

  京都市産業観光局農林振興室林業振興課

  京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 京都市役所内

  電話  075-222-3346

 ・右京区京北に所在する森林の場合

  京都市産業観光局京北農林業振興センター

  京都市右京区京北周山町上寺田1-1 京北合同庁舎内

  電話  075-852-1817

届出の対象:「地域森林計画対象森林」について

 届出の対象となる森林は,地域森林計画対象森林です。

 地域森林計画対象森林は,京都市林業振興課,京都市京北農林業振興センター,もしくは京都府京都林務事務所で確認することができます。

 確認の際には,伐採等を予定している箇所が特定できる位置図その他の図面が必要です。

保安林における伐採について

 保安林及び保安施設地区で立木を伐採する場合,伐採届出書の提出は不要ですが,別途,事前に京都府に対して許可申請あるいは届出が必要です。

 保安林は,京都府京都林務事務所で確認することができます。

伐採届出書の記載事項について

○主な記載事項

 ・届出者(氏名又は名称及び住所)

 ・森林の所在場所(市町村区,大字,字,地番)

 ・伐採面積(ha単位,小数第2位まで)

 ・伐採方法(主伐(皆伐又は択伐)・間伐の別,伐採率)

 ・伐採樹種

 ・伐採齢

 ・伐採の期間(1年を超える場合には,年次別に記載)

 ・伐採後において森林以外の用途に供されることとなる場合のその用途

 詳細については,「様式:伐採届出書」及び「伐採届出書(記入上の注意)」を参照

届出者について

 伐採の届出をする者は,森林の立木竹の使用又は収益を行う権原を有している者

○森林所有者

 ・森林所有者が所有森林を自ら伐採する場合

 ・森林所有者が他者に作業を請け負わせて伐採する場合

○伐採する者と造林を行う者の連名

 ・伐採する(権原を有する)者(=例えば,伐採業者等)と,造林を行う(権原を有する)者(=主に森林所有者)が異なる場合

届出書の提出時期について

 伐採を開始する日の30日~90日前

森林の転用・開発を目的とした伐採について

 森林の転用・開発を目的とした場合には,以下の手続きが必要となります。

○対象森林面積が1haを超える場合

 →京都府知事の林地開発許可の対象となり,事前に京都府京都林務事務所と協議が必要

○対象森林面積が1ha以下,かつ0.3haを超える(土砂の採掘や土砂の搬入の場合0.1haを超える)場合

 →伐採届出書(添付書類として,計画概要書が必要)に加えて,京都府豊かな緑を守る条例による開発計画書を作成及び知事との事前協議が必要

○対象森林面積が1ha以下,かつ0.3ha以下(土砂の採掘や土砂の搬入の場合0.1ha以下)の場合

 →伐採届出書(添付書類として,計画概要書が必要)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 林業振興課
TEL:075-222-3346

フッターナビゲーション