国指定以外の伝統産業(京の手しごと工芸品1)

ページ番号41372

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月28日

京の手しごと工芸品(その1)

額看板

 木地に毛筆で書いた原稿を貼り,字の部分を上から彫刻刀で彫っていきます。色を塗るか,あるいは漆を塗って金箔を押して仕上げます。

額看板の画像です。


額看板

菓子木型

 桜の木を材料とした,京菓子づくりに欠かせない押し菓子用のも木型で,ほとんどのものが京都で作られています。

菓子木型の画像です。


菓子木型

かつら

 頭の形に合わせてアルミ又は銅板で型を作り,網状のもの(チール)に毛を1本ずつくくり付けて型に貼って作り上げます。

かつらの画像です。


かつら

金網細工

 湯豆腐すくい・焼き網・茶こしなどの台所用品のほか,料理の器としても利用されています。

金網細工の画像です。


金網細工

唐紙

 唐紙は,もとは唐から伝わった細工紙のことでしたが,後に襖に使う紙を指すようになりました。神社仏閣や茶室などに多く使われています。

唐紙の画像です。


唐紙

お問い合わせ先

京都市 産業観光局商工部伝統産業課

電話:075-222-3337

ファックス:075-222-3331