スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市西京区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

【広報資料】第5回フジバカマ祭りを開催

ページ番号241260

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年8月8日

広報資料

平成30年8月8日

なんやかんや「大原野」推進協議会

京都市西京区役所洛西支所地域力推進室まちづくり推進担当(TEL:075-332-9318 FAX:075-332-8187)


フジバカマ畑から市内一望


 なんやかんや「大原野」推進協議会では,地域住民が中心となり,西京区大原野の魅力向上を目指して,様々な活動を行っています。

 フジバカマは,万葉の時代から日本で親しまれてきた花ですが,今では「準絶滅危惧種」(環境省)に指定されています。その貴重な野生種が,平成10年に大原野で発見されて以来,地域で大切に育てられてきました。

 この度,なんやかんや「大原野」推進協議会が「第5回フジバカマ祭り」を開催しますのでお知らせします。

日時

平成30年9月22日(土曜日)~25日(火曜日) 午前10時~午後3時

場所

西京区大原野小塩町フジバカマ園


JR向日町駅,阪急東向日駅から阪急バス66号系統(灰方,善峯寺行)終点「善峯寺」下車徒歩10分

入場料

無料

内容

(1)フジバカマの鑑賞

 会場には約1,000株が咲き誇ります。また,フジバカマの香りに誘われて日本と台湾を渡る”旅する蝶”「アサギマダラ」が飛来します。

(2)模擬店の開設(土日祝のみ)

 よもぎ団子,金ごまスイーツ,たけのこの水煮,フジバカマの草木染で作ったにおい袋など大原野の特産品を販売予定です。

(3)「大原野神仏お守り」の頒布

 地元の大原野神社・金蔵寺・三鈷寺のお札入りで,フジバカマの香りをまとった「大原野神仏お守り」を頒布します。

(4)純米吟醸酒「藤袴」の販売

 大原野で栽培された酒米「祝」を使った,大原野産100%のオリジナル純米吟醸酒「藤袴」を販売します。なんやかんや「大原野」推進協議会とキンシ正宗が連携して製造・販売しています。

(5)かかしのお出迎え

 洛西地域の小学校,幼稚園,保育園の子どもたちが作ったかかしが,会場までの道案内や会場内でのお出迎えをします。


左上 フジバカマとアサギマダラ
右上 地域の特産品
   (よもぎ団子と金ごま)
左下 純米吟醸酒「藤袴」
右下 ここでしか手に入らない
    「大原野神仏お守り」

問合せ先

なんやかんや「大原野」推進協議会事務局(大原野総合自治会館内)

TEL:075-332-6444(平日 午前9時30分~正午,午後1時~午後4時)


広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 西京区役所洛西支所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:事業・広聴振興担当075-332-9318

ファックス:075-332-8187