現在位置:

【広報資料】二条駅前における花の植替えについて~世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動~

ページ番号219475

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月16日

広報資料

平成29年5月16日

中京区役所(地域力推進室 まちづくり推進担当 TEL812-2426)

 中京区では,京都市と京都府警との間で締結された協定に基づき,「世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動」中京区推進協議会を設置し,取組を進めています。その運動モデル地域である「二条駅地域」においては,平成26年12月に「二条駅地域安全ネットワーク」(※1)を設立し,その取組の一環として,平成27年5月からJR二条駅前のプランターで花と緑を育成しています。

 この度,中京中学校の生徒や地域・周辺事業者の皆様で,花の植替えを実施しますので,下記のとおりお知らせします。                      

                             記

 

1 趣旨

 ⑴ 二条駅地域の安心安全を,地域,事業者,関係行政機関で作り上げていくため,

  二条駅前において,活用されていない大型プランター(22基)に花を植え,花

  と緑のあふれる駅前とし,地域への愛着を形成する。

 ⑵ 水やり等の活動を通じて,地域コミュニティの活性化など防犯活動の更なる充

  実や見守り活動につなげていく。

 ⑶ 「ひまわりの絆プロジェクト」(※2)の一環として実施し,地域の子どもたち 

  にも,命の大切さについて,考えていただく機会とする。

 

2 日時

  平成29年5月19日金曜日午後1時30分から

 

3 場所

  JR二条駅東口

 

4 参加予定者

  中京中学校生徒,朱一,朱五,朱六学区の皆様

  JR二条駅,BiVi二条などの周辺事業者,関係行政機関

 

(※1)二条駅地域安全ネットワーク

1 設立

   平成26年12月2日

2 趣旨

   中京区西部の交通の要衝であり,周辺に学校施設も多く立地する二条駅周辺において,地域,事業者,関係行政機関が連携し,地域の安全を確保していくために,ネットワークを形成したもの。

3 構成

  ・学識経験者

    座長:関谷龍子(佛教大学社会学部准教授)

    地域安全活動分科会リーダー:山本奈生(佛教大学社会学部講師)

    防災活動分科会リーダー:松岡千代(佛教大学保健医療技術学部教授)

  ・朱雀第一学区,朱雀第五学区,朱雀第六学区の諸団体,業者,学校,関係行政機関 など

(※2)ひまわりの絆プロジェクト

    平成23年に京都府下の交通事故で亡くなった当時4歳の陽大(はると)ちゃんが,生前に育てていたひまわ   

   りの種を遺族から警察官が受け取り,京都府亀岡警察署の花壇に植え付けたところ,大輪の花を咲かせたことか

   ら,全国でそのひまわりを咲かせ,交通安全と命の大切さを訴えているプロジェクト。すでに区内では,中京警

   察署や中京消防署,中京区役所屋上等において,育てられています。

広報資料等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-812-2426

ファックス:075-841-8182