現在位置:

保健所-衛生課の主な業務

ページ番号53321

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年1月5日

保健所-衛生課の主な業務
業務内容概要  
  
 営業許可(食品関係) 食品衛生法第52条に基づき許可が必要と定められた営業の許可手続きを行っています。
 届出(食品関係) 「京都市食品衛生法施行細則」に規定する許可を要しない営業の届出及び「京都市食品衛生法管理運営基準に関する条例」に規定する食品衛生責任者届出に関する手続き等を行っています。
 食品関係施設の監視・指導 食品の衛生確保と食品による危害の発生を防止するため,食品衛生監視員が許可施設,届出施設に対し,京都市食品衛生監視指導計画に基づき計画的に監視・指導を行っています。
 違反・不良食品の調査等 食品衛生法に定められている食品の基準等について違反している食品や,腐敗・カビの発生・異物混入・異味異臭等の食品について,製造者,販売者等の調査を行い,問題が再発しないよう行政上必要な措置及び衛生指導を行っています。
 食中毒 食中毒の届出があったときは患者の発症状況,喫食状況等の調査を行い,原因と考えられる食品や施設について調査をします。その結果,原因であると判明した場合には、被害の拡大や再発防止のため,食品の回収・廃棄,営業停止・禁止等の行政上必要な措置をとります。
 狂犬病予防法,動物の愛護及び管理に関する法律及び動物の飼養管理と愛護に関する条例に基づく業務 狂犬病の蔓延防止のための犬の登録と狂犬病予防注射の実施や野犬対策,犬・猫の苦情に伴う適正飼育の啓発や指導を行っています。
 旅館業法,公衆浴場法,興行場法及び温泉法に基づく業務 各法律に基づき営業許可申請・届出業務ならびに施設の監視・指導を行っています。
 理容師法,美容師法及びクリーニング業法に基づく業務 各法律に基づき,営業所が衛生の確保ができる施設かどうかの検査確認を行っています。
定期的に営業所に立ち入って,施設や使用器具類が衛生的に管理されているか監視を行い,必要な指導を行っています。
 建築物における衛生的環境の確保に関する法律
(ビル管理法)に基づく業務
 ビル管理法に基づき,特定建築物に関する届出業務並びに施設の監視・指導を行っています。
 飲用水衛生対策(専用水道、簡易専用水道,小規模受水槽水及び飲用井戸施設)に関する業務 該当施設の設置について届出の受付を行い,設置者や管理者に施設の適切な衛生管理指導を行っています。また,簡易専用水道施設にあっては,水道法で規定されている法定検査の受検勧奨や水槽の清掃指導も行っています。
 井戸水の水質検査を有料で行っています。
 墓地,埋葬等に関する法律に基づく業務  墓地等を経営する宗教法人の代表者及び管理者等の変更届を受け付けています。
また,墓地,埋葬等に関する法律の第5条に基づく改葬許可申請の受付を行っています。
 衛生害虫に関する相談業務 衛生害虫の鑑定及び駆除等に関する相談業務を行っています。
 プールの衛生指導 遊泳用プール(学校保健法により管理されている学校プールを除く)については,衛生確保の徹底を図るため「京都市遊泳用プール衛生指導要領」を定め,衛生指導要領に基づき,施設の監視・指導を行っています。
 住まいの衛生相談 シックハウス症候群をはじめ,住まいに起因するさまざまな健康問題や不快感に関する相談の受付を行っています。

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当075-812-2420 地域防災担当,調査担当,企画担当075-812-2421

ファックス:075-812-0408