現在位置:

市民窓口課のホーム

ページ番号22346

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年7月9日

ようこそ市民窓口課のホームページへ

 当課では,戸籍,住民基本台帳,印鑑登録等に関する事務を行っています。

 また,各種証明書を発行しています。

 午前11時から午後2時までの間は,職員が交替で勤務をしておりますので,証明書の請求内容(除籍・改製原戸籍謄抄本・身分証明書等)や,お届け内容(婚姻届・出生届・転入届等)によってはお待たせをする場合がありますのであらかじめご了承いただきますようよろしくお願いします。

 

窓口で本人確認を行います

 戸籍法及び住民基本台帳法の一部が改正され、平成20年5月1日から証明書の請求、転入・転出及び婚姻などの届出の際に、本人確認を行うことが義務付けられました。

 戸籍の謄本・抄本、住民票などの証明書の請求や転入・転出、婚姻など各種お届けにお越しになるときは、運転免許証や住民基本台帳カード(写真付)などの本人確認のための書類をお持ちいただくようお願いしたします。

>>詳しくは文化市民局地域自治推進室のページへ

 

受付窓口が混雑します

 転入・転出等の手続きのため,2月から5月にかけて市民窓口課の受付窓口が大変混み合います。特に,お昼12時から午後1時前後は長時間お待ちいただくことがあります。市民窓口課で交付している住民票の写し・印鑑登録証明書・各種税証明書は各証明書発行コーナー(市役所・地下鉄四条駅等)でも交付していますので,併せてご利用いただきますようお願いいたします。

 

住民基本台帳カード・電子証明書の交付申請について

 イータックスの電子申告を利用される方が増えており,住民基本台帳カード・電子証明書の交付申請が大変多くなっています。住民基本台帳カード・電子証明書の交付には時間を要しますので,時間帯・混雑状況により,お待ちいただく場合があります。なお,交付時間は午前9時から午後5時です。5時まぎわにお越しになりますと,交付できないことがありますのでお早めにお越しください。

 

住民基本台帳カードをお持ちの方の転出手続きがかわります

 住民基本台帳カードをお持ちの方が京都市から転出される場合,郵送等で転出届をだしていただき,新住所地へ転出証明書を持参することなく転入の手続きをしていただくことになります。

 また,京都市から転出されても住民基本台帳カードが引き続き使えるようになりました。

 

平成24年7月9日から外国人の方も住民基本台帳に記載されます

 外国人登録制度が廃止され,日本に3箇月を超えて滞在される外国人の方は,平成24年7月9日から住民基本台帳に記載されることになりました。

 外国人の方の住所の証明これまでの外国人登録原票記載事項証明書にかわり,今後は,住民票をお取りいただくことになります。

 また,京都市が保有していた外国人登録原票は国へ返還しました。平成24年7月8日以前の登録履歴が必要な方は,法務省へ個人情報の開示請求をしてください。

 

 

お問い合わせ先

京都市 中京区役所区民部市民窓口課

電話:075-812-2436

ファックス:075-812-0167