城巽学区

ページ番号13366

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年9月25日

面積:0.224k㎡
人口:4,146人(平成17年2月1日現在)  

 

城巽学区自治連合会に執筆を依頼

 

ふれあいと連帯感のあるまちづくりをめざして

 城巽学区は二条城の辰巳(東南),巽の方角に位置することから「城巽」と呼ばれ,新町通手前から堀川,二条から三条手前迄に囲まれた地域で,真ん中を御池通が横断しています。この御池通は戦前は5m程の細い通りでしたが,西洞院で鉤形に折れていました。戦時中空襲で延焼防止の為,現在の広さに拡幅されたといわれています。
 現在の御池通は,京都市のシンボルロードとして素晴らしい通りになりました。将来は賑わいと華やぎのあるパリのシャンゼリゼのような通りにしようと京都市共々努力しているところです。
 当学区内には,歴史的史跡も多く,平安時代の初期,藤原北家が勢力を伸ばしかけた頃の拠点となった閑院跡や堀川院跡,高松神明神社の高松殿跡,豊臣秀吉が聚楽第を築くまで使用した妙顕寺城跡などがあります。
 城巽学区の拠点であります城巽中学は,統合により現在は京都御池中学として400名の生徒たちが元気に勉強に励んでいます。平成18年4月からは元柳池中学校跡地に新校舎が建設され,京都御池中学はそちらへ移転します。そして城巽中学の跡地には京都音楽高校が移設される予定となっています。
 自治活動としては,御池以北は御所南小学校区で中立売署管内,御池以南は高倉小学校区で五条署管内と,学区内で二分されていることから,各種団体の活動も常に両方と関わりを持っていく必要があるので,調整に苦慮しますが,活発に活動を展開しています。
 特に中学校を拠点として活動している体育振興会では,月曜日には「なぎなた」,火曜日は「ソフトバレーボール(男女)」,火曜・金曜には「ペタンク」,水曜・土曜は「ゲートボール」,木曜は「女子バレーボール」,第1・第3土曜は「男子バレーボール」,第2・第4土曜は「バドミントン」をクラブ活動として実施しており,更には2月と6月にはボーリング大会を開催しています。いずれも多くの参加者で賑わい生涯スポーツの場を提供しています。
 これらの活動以外でも,城巽自治連合会では,毎年体育祭や城巽祭を開催するなどして,地域住民に交流の場を提供することに努めておりますが,近年,学区内に多くのマンションが建設され,学区内の住民数の増加は30%にもなろうとしています。新しいマンションの住民の方に対し自治連合会の活動の説明会を開いていますが,地元住民とマンションの人々の融和にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

平成17年2月
城巽学区自治連合会 会長 宮崎 健次

 

 

シルバー安全の集いの様子

シルバー安全の集いの様子

お問い合わせ先

京都市 中京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当075-812-2420 地域防災担当,調査担当,企画担当075-812-2421

ファックス:075-812-0408