ほっこり子育てひろば

ページ番号101682

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年11月10日

「ほっこり子育てひろば」とは 

 京都市では,「京都はぐくみ憲章(子どもを共に育む京都市民憲章)」の趣旨を踏まえて,子育てについて,保護者同士がお互いの思いや悩みなどを話し合い,交流することで,自ら気づき,学ぶとともに,保護者同士がつながる場として,平成22年度から親支援プログラム「ほっこり子育てひろば」を実施しています。

 このプログラムにより,「京都はぐくみ憲章」を実践し,親自身が喜びと共に子どもを育んでいけることをめざしています。

テーマ

○妊娠期から思春期までの子どもを持つ保護者の方を対象に,子どもの育ちに応じた全14テーマのプログラムがあります。 

○テーマに沿って,小人数のグループに分かれて,楽しく語り合う,ワークショップ形式のプログラムです。

○決まった答えはないので,思っていることや感じたことを気軽に話せ,色々な人の考えに触れることができます。

テーマ一覧
 テーマ

対象時期 

 赤ちゃんのいる生活イメージトレーニング ~赤ちゃんってこんなに泣くの?!~妊娠期 
 離乳食 ~いつから始める?離乳食~

0歳児

 親子でいっしょにあそぼう ~遊んで育む親子のきずな 一緒にあそぼ~0~2歳児

 自我のめばえと生活習慣 ~自己チューは育ちのあかし~

1~2歳児 

子どもとのかかわり方(他児とのトラブルとしつけ)~うちの子だけが悪いの?~

3~5歳児 

 いつくしむ ~子どもも自分もかけがえのない存在~

0歳 ~中学生
 受けとめる ~どう受けとめる?子どもの気持ち~3歳~中学生
 認める ~子どものありのままを認めたい!~3歳~中学生 
 つながる ~地域のつながりって大切なの?~妊娠期~中学生 
 歩む ~楽しみ?不安?小学校生活から~小学校就学前後 
 身につける ~毎日の生活リズムを振り返って~小学校就学前~中学生 
 見守る ~気になる思春期の人間関係~小学校高学年~中学生 
 ふれあう ~本当はいっぱい話したい 思春期の対応~小学校高学年~中学生
 はばたく ~応援したい!子どもの夢や希望~

 小学校高学年~中学生

プログラムの流れ

【であい】簡単なゲームなどで緊張をほぐして,気軽に話せる雰囲気をつくります。

アイスブレイクの様子
【ふれあい】グループに分かれて,お互いの思いや考えを話し合います。
話し合いの様子
【きづきあい】他のグループの意見を聴いて,色々な考えに触れます。
発表の様子

プログラムの進行例

○参加者の話し合いが中心で,専門職や支援者が進行します。

○時間は,60分から90分程度です。

○参加者は,10名から20名程度を募集します。

○プログラムにより,実習等を行うものがあります。

参加方法

(1)実施日時・場所の詳細については,生涯学習部家庭地域教育支援担当(学童期・思春期)またはこどもみらい館外部サイトへリンクします(妊娠期・乳幼児期)へお気軽にお問い合わせください。

(2)妊娠期・乳幼児期の子どもを持つ保護者を対象としたプログラムについては,こどもみらい館外部サイトへリンクしますのホームページをご覧ください。

ワークシート,資料

 「ほっこり子育てひろば」では,次のようなワークシートと資料を活用して,話し合いを進めます。

(平成26年8月「歩む」「身につける」「見守る」「ふれあう」を改訂)

<ワークシート>参加した方が自分の考えを整理したり,メモするために活用するものです。

<資料>話し合いの参考にしたり,家庭に帰って振り返ったりするためのものです。

<アンケート>

アンケート

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
  • こどもみらい館外部サイトへリンクします

    こどもみらい館のホームページでも「ほっこり 子育て ひろば」を紹介しています。

お問い合わせ先

教育委員会事務局 生涯学習部 家庭地域教育支援担当
電話: 075-251-0456 ファックス: 075-222-2061