現在位置:

京都市立小・中学校の就学援助

ページ番号99297

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月8日

◎ 京都市では,お子さんが,市立小・中学校へ就学するにあたり,経済的な理由により,お困りの保護者に対し,就学援助制度を設けています。希望される方は,学校にお申込みください。(なお,お申込みのあったことやその内容は,他の人に知られないようにしています。)

 

1.就学援助を受けられる資格

 京都市立小・中学校に通学している児童生徒がいるご家庭で,下記の項目のいずれか一つにあてはまる場合に,就学援助を受けられます。

(1) 要保護児童生徒として申込みができる場合

 ○ 生活保護の教育扶助を受けている。

(2) 準要保護児童生徒として申込みができる場合

 ○ 生活保護は受けているが,教育扶助を受けていない。

 ○ 生活保護を停止又は廃止(ただし,世帯の変更による廃止を除く)

 ○ 児童扶養手当の支給を受けている。

 ○ 経済的理由により,就学困難な状態にある。 (前年の世帯の所得合計金額が下記の所得基準額以下である。)

                                                                                                                                

所得基準額<金額は28年度> 単位(円)
世帯人数2人世帯3人世帯4人世帯5人世帯6人世帯7人以上1人増すごとに
所得基準額1,820,2002,331,2002,792,7003,219,2003,573,600354,400 加算

 

また,申請時に,次の(表1)に該当する事情がある場合は,1項目または,1人につき23万円を上記所得基準額に加算することができる

 

(表1)

(ア)妊婦

(イ)産婦(出産後6か月以内) 

(ウ)老齢者(70歳以上) 

(エ)母子・父子世帯 

(オ)障害のある人(障害者手帳で1~3級又は療育手帳Aと同程度と認められる方) 

(カ)入院・在宅の長期療養者(3か月以上治療中の方) 

(キ)18歳未満の子が3人以上いる世帯

(18歳未満の子が3人であれば23万円,以後1人増すごとに23万円を加算します。)

 

 

2.申込みの手続き

申込みの受付は,各学校で,随時おこなっていますが,「就学援助申込書」(関係書類又は証明書類添付)が受理された日が,月の15日以前の場合は,当該月の1日認定,16日以降の場合は,翌月の1日認定になります。
○ 生活保護関係については,証明書類は必要ありません。
○ 児童扶養手当の受給については,証書の写しが必要です。
○ 所得基準額以下である場合,所得を証明する書類が必要です。
※詳細については,各学校の担任又は就学援助担当教職員にご相談ください。

 

3.問い合わせ先

 

京都いつでもコールのロゴ

・京都いつでもコール (電話 075-661-3755) 年中無休 朝8時から夜9時

 

・通学している市立小・中学校

 

 

就学援助の内容(支給時期はあくまで目安です。申込まれた時期により対象とならない場合や支給が遅れる場合があります。)

支給内容

支給金額(小学校)

支給金額(中学校)

支給時期

(1)学用品費・通学用品費・

  校外活動費(遠足等の

  交通費と見学料) 【注1】

(前期)

1年    6,565円

2~6年 7,680円

1年  12,325円

2,3年 13,440円

7月頃

から随時

(後期)

同上

同上

12月頃

から随時

(2)校外活動費(花背山の家・みさきの家

  等泊まりがけで行くもの)

実費(一部対象外経費あり)

8月頃

から随時

(3)体育実技用具費

  (スキー・スケート・剣道・柔道)

授業用で,全員が購入することになっている用具の実費(ただし小・中で種類や金額に制限あり)

12月頃

から随時

(4)新入学児童生徒学用品費等

4月から認定されている

新1年生のみ 20,470円

4月に認定されている

新1年生のみ 23,550円

6月頃

から随時

(5)学校給食費

京都市から直接学校に支払いますので,保護者負担はありません。

(6)通学費  ※距離要件があります

実費(限度額あり)

年3回

(7)修学旅行費   【注2】

21,190円以内

54,000円以内

8月頃

から随時

(8)医療援助費    【注3】

「医療券」を持参することで,京都市から直接医療機関に支払いますので,保護者負担はありません。

(9)日本スポーツ振興センター災害共済掛金

免除(京都市が直接日本スポーツ振興センターに支払います)

(10)学校生活管理指導表(食物アレルギー

   用)等作成費   【注4】

小学校のみ実費支給(上限3,240円)

注1 生活保護(教育扶助)を受給中の方は,(1)のうちの校外活動費(小:1,710円,中:2,330円)及び(7),(8),(9)が

   対象です。それ以外については,福祉事務所から支給されます。

 

注2 中学校の修学旅行で航空機を利用した場合57,000円以内,国外の場合60,000円以内となります。

 

注3 (8)は,むし歯(中学生のみが対象),慢性副鼻腔炎・アデノイド及び中耳炎,トラコーマ及び結膜炎,白癬・疥癬・

   膿痂疹及び寄生虫病のみが対象です。受診の際は,「医療券(病気治療のおすすめ券)」が必要ですので,

   事前に必ず学校へ連絡してください。

 

注4 支給の際に,医療機関から発行される領収書が必要となりますので,大切に保管しておいてください。

   検診料,診断料は対象となりません。

 

注5 学校預り金に未納がある場合または学校長の判断により,就学援助費の振込み先を学校口座へ変更

   する場合があります。

平成28年度 就学援助のお知らせ(新規)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局総務部調査課

電話:075-222-3772

ファックス:075-213-3217