現在位置:

【広報資料】第18回不登校フォーラム 登校ごころを紡ぐ環境づくり~誰もが自分らしく学び育つ社会とは~

ページ番号92921

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月29日

第18回不登校フォーラム 登校ごころを紡ぐ環境づくり~誰もが自分らしく学び育つ社会とは~

日時

平成29年11月5日(日曜日) 第一部 午前10時00分~12時00分

                                       第二部 午後1時30分~  4時00分

会場

市営地下鉄 (烏丸線・東西線)「烏丸御池 K08,T13」下車 
(出口3ー1,3ー2) →徒歩3分

市バス (15・51・65系統)
京都バス(61・62・63,65系統)「烏丸御池」下車 → 徒歩3分

京都市教育相談総合センター(こどもパトナ) 
こどもパトナ地図

内容

第1部  全体会 パネルディスカッション  
   

   コーディネーター: 藤原 勝紀 氏(京都大学名誉教授・京都市児童生徒登校支援連携会議顧問)
   

   パネリスト:香川 克 氏(京都文教大学臨床心理学部教授)

          佐々木 千里 氏(京都市スクールソーシャルワーカースーパーバイザー)

          鷹羽 良男 氏(フリースクールほっとハウス代表)

   指定討論:上田 廣久 氏(京都市子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部長)

 

第2部  内容別分科会 ~6つの切り口から不登校を考えます~

  第1分科会

   『一から学び考える不登校』~子どもの心に寄り添い育む~

  第2分科会

   『精神医学の観点から見た不登校』~環境に影響される子どもを精神医学から理解する~

  第3分科会

   『臨床心理学の観点から見た不登校』~子どもの心に沿って不登校を考える~

  第4分科会

   『個を生かしながら,支え合う集団を育む学校教育とは?』~洛風中学校の歩みから考える~

  第5分科会

   『発達障害を支援する立場から見た不登校』~発達特性に応じた理解と支援~

  第6分科会

   『高校における支援を考える』~高校で困りを抱える生徒を支える~

 

(分科会では,講師からの講演と意見交換や情報交流の時間を設けています。

 発言されずにお話を聞かれるだけでも結構です。) 

 

 

 * 詳細は以下のPDFチラシをダウンロードください。

申込み

申込み:事前申込制 先着順・無料

第1部         定員200名程度

第2部  各分科会 定員 20名程度 

*第1部・第2部のみの参加も可

 

 〒604-8184 京都市教育相談総合センター内 不登校フォーラム係

  TEL:213-5622  FAX:213-5237

メールアドレス: toukoushien@edu.city.kyoto.jp

以下の参加申込書に必要事項をご記入の上,10月24日(火曜日)必着で,電子メール,往復はがき,FAXのいずれかにてお申し込みください。

 なお,ご参加いただく分科会については11月3日(金曜日)までにお知らせいたします。

 

* 定員を超過し,ご参加いただけない場合は,ご連絡いたします。

 お車でのご来場はご遠慮いただき,ご来場の際には公共交通機関をご利用ください。

 託児施設はございませんのでご了承ください。

不登校フォーラム参加申込書

第18回不登校フォーラムチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局指導部生徒指導課

電話:075-213-5622

ファックス:075-213-5237