子育て応援ハンドブック

ページ番号53096

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月28日

子育て応援ハンドブックを更新いたしました(平成29年9月更新)

 京都市教育委員会では,次世代育成支援対策推進法に基づき,平成17年11月,京都市立学校・幼稚園教職員のための特定事業主行動計画「仕事と子育て応援プラン」(以下「プラン」という。)を策定し,取り組んできました。

 平成26年3月に同法が改正され,有効期限が10年延長(平成37年3月31日まで)されたことを受け,平成28年3月,これまでの計画を全体的に見直し,子育て支援の取組を一層推進することとしました。このプランは本市の教職員が男女共に子育てに積極的に参加しながら,その能力を十分に発揮し,意欲的に職務に取り組むとともに,本市の推進する「真のワークライフバランス」を実現できる環境の整備を目指すためのものです。さらに,平成28年3月の育児・介護休業法改正(平成29年1月1日から施行)や同年4月からは女性活躍推進法が施行されるなど,仕事と出産・育児の両立支援への取組は,ますます重要となってきています。

この「子育て応援ハンドブック」は,プランに基づき,子育てをする職員向けに,本市の子育てに関する休暇等の各種制度について,その内容や活用法について詳しくまとめたものです。これから,父親,母親になる職員の皆さんは,この冊子で,本市の子育てに関する休暇等の各種制度について知っていただき,今後の子育てと仕事との両立に役立ててください。

昨年度より新たに「仕事と出産・育児の両立のための制度早見表」を作成しました。子育て応援ハンドブックの各ページに対応しており,ライフステージに応じて取得可能な制度を1枚にまとめたものになっておりますのでご活用ください。なお,制度を取得される際は,必ず子育て応援ハンドブックの対応ページをご参照し,制度や手続等の詳細を確認してください。

子育て応援ハンドブック(教員・事務職員用)

教員・事務職員用です。

 

子育て応援ハンドブック(教員・事務職員用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

仕事と出産・育児の両立のための制度早見表(教員・事務職員用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

子育て応援ハンドブック(管理用務員・給食調理員用)

管理用務員・給食調理員用です。

 

子育て応援ハンドブック(管理用務員・給食調理員用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

仕事と出産・育児の両立のための制度早見表(管理用務員・給食調理員用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 教育委員会事務局総務部教職員人事課

電話:075-222-3779

ファックス:075-222-3759