スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン」に係る答申の提出について

ページ番号246739

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月24日

広報資料

平成31年1月24日

交通局企画総務部総務課(863-5026)

「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン」に係る答申の提出について

 京都市交通局では,平成31年度から10年間を期間とする新たな経営ビジョンの策定に向けて,交通や経営等の学識経験者をはじめ市民公募委員等により構成する「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン検討委員会」(以下「委員会」という。)を平成29年度から6回にわたり開催してきました。

 この度,平成29年8月30日付けで交通局から委員会に諮問した市バス・地下鉄の中長期的な経営計画に関する事項について,下記のとおり答申が提出されますのでお知らせします。

1 開催日時

平成31年1月29日 火曜日 午後5時~午後5時30分

2 開催場所

サンサ右京大会議室2
(京都市右京区太秦下刑部町12 サンサ右京5階)

3 出席者

 ⑴ 委員会

   塚口 博司  委員長 (立命館大学理工学部 特任教授)

   青木 真美  副委員長(同志社大学商学部 教授)

 ⑵ 交通局

   山本 耕治  京都市公営企業管理者交通局長

   山本 登志一 交通局次長

   安田 淳司  交通局理事

4 次第(予定)

 ⑴ 開会

 ⑵ 出席者紹介

 ⑶ 答申提出

 ⑷ 交通局からの謝辞

 ⑸ 閉会

5 参考

⑴ 諮問事項

   京都市自動車運送事業及び高速鉄道事業の中長期的な経営計画に関する事項について

⑵ 検討経過

これまでの審議経過

                内容

第1回

・市バス・地下鉄事業の概要

・これまでの経営健全化や利便性やサービス向上の取組の経過

・今後の経営を考えるに当たっての課題

第2回

・平成28年度の決算を基に他都市とも比較した経営の現状

・増大する設備更新費用をはじめとした今後の財政需要の見通し

・これらを踏まえた今後の経営基盤強化の取組の方向性

第3回

・今後の事業面での取組の方向性や具体的な取組

第4回

・新たな経営ビジョンの骨子案

第5回

・経営ビジョン骨子案への市民意見募集の結果

・骨子案策定以後の市バス事業の経営環境の変化と対応

第6回

・答申案

⑶ 委員名簿

 別紙広報資料のとおり

⑷ 今後の予定

 今回の委員会からの答申を踏まえ,交通局において経営ビジョン(案)を取りまとめ,これを基に平成31年2月市会でも御議論いただいたうえで,平成31年3月末に経営ビジョンを策定します。

【広報資料】「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン」に係る答申の提出について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部総務課

電話:(庶務担当)075-863-5031,(調査担当)075-863-5035,(情報管理担当)075-863-5036,(経営計画担当)075-863-5026

ファックス:075-863-5039