スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】地下鉄・市バスのお客様数について(平成29年度)

ページ番号237733

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月29日

広報資料

平成30年5月29日

交通局(営業推進室 電話:075-863-5022)

地下鉄・市バスのお客様数について(平成29年度)

 京都市交通局では,地下鉄・市バスのネットワークを活用し,ひとと公共交通優先の「歩くまち・京都」のまちづくりを推進するため,「地下鉄・市バスお客様1日80万人」の目標を掲げ増客の取組を進めています。

 この度,平成29年度の地下鉄・市バスのお客様数(速報値)がまとまりましたので,お知らせします。

 地下鉄は1日当たり38万7千人,市バスは1日当たり36万8千人,地下鉄・市バス両事業合計のお客様数は75万5千人となり,過去最高であった昨年度の74万2千人を1万3千人上回りました。

1 地下鉄・市バス1日当たりのお客様数(速報値)

・地下鉄・・・・38万7千人【対前年度比8千人増(平成28年度 37万9千人)】

・市バス・・・・36万8千人【対前年度比5千人増(平成28年度 36万3千人)】

 両事業合計・・75万5千人【対前年度比1万3千人増(平成28年度 74万2千人)】

(各月のお客様数及び対前年度増減率)


2 地下鉄・市バスのお客様の動向

○ 平成29年度の1日当たりのお客様数は,対前年度比で地下鉄は8千人増(+2.1%),市バスは5千人増(+1.4%)となり,両事業とも前年度を上回る結果となりました。

○ 特に,定期券御利用のお客様数は,地下鉄が5千人増(+3.6%),市バスが3千人増(+3.9%)と大幅に増加し,定期券御利用のお客様数の伸びが増客をけん引しました。これは,ICOCA定期券発売開始による利便性向上の効果やひとと公共交通優先の「歩くまち・京都」の理念の浸透によるものと考えております。 

○ 定期外のお客様数は,地下鉄で3千人増(+1.4%),市バスで2千人増(+0.9%)となりました。これは,京都市美術館の閉館が大きな減要素となったものの,二条城で開催された「アートアクアリウム城」,京都国立博物館で開催された「国宝展」など,魅力的なイベントや展覧会の開催,「チーム『電車・バスに乗るっ』」による民間の商業施設等と連携したイベントの開催などが増客に寄与したものと考えております。

【参考1】 1日当たりお客様数の定期・定期外内訳(対前年度比較)

<地下鉄>
  28年度 29年度 増減数 増減率
 地下鉄全体 37万9千人 38万7千人 8千人 2.1%
  定期 14万8千人 15万3千人 5千人 3.6%
  定期外 20万8千人 21万1千人 3千人 1.4%
<市バス>
 28年度 29年度 増減数 増減率
 市バス全体 36万3千人 36万8千人 5千人 1.4%
  定期 8万7千人 9万人 3千人 3.9%
  定期外 20万3千人 20万5千人 2千人 0.9%

【参考2】地下鉄・市バスの1日当たりお客様数の推移(過去5年間)

<地下鉄>


<市バス>


<地下鉄・市バス両事業>


地下鉄・市バスのお客様数について(平成29年度)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

営業推進室
(旅客動向分析担当)
電話:075-863-5022
ファックス:075-863-5069