現在位置:

【広報資料】市バス各系統の営業係数(平成28年度)について

ページ番号225606

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月14日

広報資料

平成29年9月14日

交通局(営業推進室 電話:863-5022)

市バス各系統の営業係数(平成28年度)について

 京都市交通局では,市民の皆様に市バスの現状を知っていただき,より一層利用していただくため,市バス各系統の営業成績を表す「営業係数」を毎年公表しています。

 この度,平成28年度の営業係数がまとまりましたので,下記のとおり,お知らせします。

 なお,営業係数とは,100円の収入を得るために必要な費用を示す指標であり,当指標が100未満なら黒字系統,100を超えれば赤字系統であることを示します。

黒字系統及び赤字系統数

 平成28年度の営業係数については,平成28年3月のダイヤ改正で増えた8系統のうち6系統が黒字となり,駅と大学とを結び市内中心部も運行する6号系統(㉗103→㉘93)及び観光利用でのお客様が増えた80号系統(㉗103→㉘98)が赤字から黒字に転換し,黒字系統数は8系統増加,赤字系統数は増減がありませんでした。

 その結果,全83系統のうち,37系統が黒字,46系統が赤字となりました。

 全体の約4割の黒字系統が約6割の赤字系統を支えることにより,市バスネットワーク全体が維持されています。

 

営業係数

区 分 

系統数

26年度

27年度

28年度

100未満(黒字)

29 

29

37

100以上(赤字)

45

46

46

合 計

74

75

83

※ 平成28年3月に開始した8系統(58,86,88,103,104,105,106,110号系統)のうち,黒字系統は86,103,104,105,106,110号系統の6系統です。

各系統の営業係数

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市交通局営業推進室
電話: 075-863-5022
ファックス:075-863-5069