現在位置:

【広報資料】第20回地下鉄醍醐車庫見学会の開催について~東西線の開業20周年を記念して,実施内容をさらに充実!~

ページ番号224289

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月14日

広報資料

平成29年8月14日

京都市交通局(高速鉄道部営業課 電話863-5218)

第20回地下鉄醍醐車庫見学会の開催について

 京都市交通局では,市民の皆様に,暮らしを支える「足」である地下鉄についての理解を深めるとともに,より一層身近に感じていただくため,毎年,御好評をいただいている「地下鉄醍醐車庫見学会」を下記のとおり実施しますので,お知らせします。

 見学会では,日ごろ見ることのできない地下鉄車両の仕組みや,整備に使用する機械装置等を間近で見られるほか,見学会に参加いただいた皆様には,醍醐観光協会様と総本山醍醐寺様の御厚意により,醍醐三宝院の特別拝観券をお渡しします。

 また今回は,地下鉄東西線の開業20周年を記念して,洗車車両乗車体験や,京都鉄道博物館及び立命館大学アート・リサーチセンターの御協力による特別展示なども実施いたしますので,ぜひ御参加ください。

 

1 実施日時

 平成29年10月15日(日曜日)雨天決行

 午前9時30分~午後3時(集合時間は参加者ごとに,別途お知らせします。)

2 実施場所

 地下鉄東西線醍醐車庫(地下鉄東西線醍醐駅に隣接)

 ※ 見学は,徒歩で車庫内を移動します。(距離約1㎞)

3 実施内容

 ☆印は,東西線の開業20周年を記念した特別な催しです。

 ⑴ 地下鉄車両の床下や運転席など,普段は見ることができない地下鉄の裏側見学

 ⑵ 車庫内の運転をシミュレーターで体験できる「車庫シミュ」(小学生以下限定)やトリックアートの展示

 ⑶ 見学コース内でのスタンプラリー達成者に記念品プレゼント(小学生以下限定)

☆⑷ 洗車する車両に実際に御乗車いただける洗車車両乗車体験

☆⑸ 京都鉄道博物館による鉄道ジオラマの展示

☆⑹ 立命館大学アート・リサーチセンターによる市電関連写真(市電運行時代と現代のまちの風景など)の展示

 


4 募集人員

 1,000名(小学生以下は保護者同伴,参加費無料)

5 申込方法

 平成29年9月1日(金曜日から往復はがきにて受け付けます。

 往復はがきの往信裏面に,住所,氏名,年齢 (参加者が複数の場合,全員の氏名と年齢),電話番号を記入し,下記あて先まで送付してください。

(返信裏面には何も記入しないでください。)

 申込みは一団体一通までです。応募者多数の場合は抽選とし,結果を通知します。見学会参加者には,記念品を差し上げます。

6 あて先

 〒616-8104 京都市右京区太秦下刑部町12番地

 京都市交通局高速鉄道部営業課「醍醐車庫見学会」係

7 申込締切

 平成29年9月11日(月曜日)当日消印有効

8 問合せ先

 京都市交通局高速鉄道部営業課

 TEL:075-863-5218 / FAX:075-863-5219

参考

・醍醐三宝院

 醍醐三宝院は,豊臣秀吉によって醍醐の花見を機に1598年に再建されており,国宝の表書院や唐門等見どころが多く,また地下鉄醍醐車庫から徒歩約15分のところにあります。

・「鉄道の日」

  「鉄道の日」は,明治5年10月14日に日本で最初の鉄道が開業したことを受け,その誕生と発展を記念し,毎年10月14日と定められています。鉄道が国民に広く愛され,その役割についての理解と関心がより深まることを願い,「鉄道の日」には毎年多彩なイベントが全 国各地で実施されています。
 近畿地区においても,「鉄道の日」を記念したイベントとして,毎年「駅祭ティング」を開催しています。詳細につきましては,近畿運輸局のホームページを御確認ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

交通局 高速鉄道部 営業課
電話:075-863-5218/FAX:075-863-5219