現在位置:

【広報資料】京都市バス・地下鉄優先座席におけるヘルプマーク啓発ステッカーの掲示等について

ページ番号215087

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月17日

広報資料

平成29年2月17日

交通局 高速鉄道部運輸課(TEL:863-5224)

京都市バス・地下鉄優先座席におけるヘルプマーク啓発ステッカーの掲示等について

 京都市では,京都府が平成28年4月から配布を開始したヘルプマークについて,府と連携し,各区役所・支所等での配布や,地下鉄各駅や区役所等でのポスター掲示等を行ってまいりました。

 この度,さらなる普及啓発に向け,市バス及び地下鉄の優先座席付近の窓ガラスにヘルプマーク啓発ステッカー(以下,「啓発ステッカー」という。)を掲示するとともに,啓発ステッカーの効果を高めるためポスターを掲示しますので,下記のとおりお知らせします。


※ヘルプマーク
 義足や人工関節を使用している方,内部障害や難病の方,又は妊娠初期の方など,援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が,周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで,援助を得やすくなるよう,平成24年に東京都が導入したマーク(西日本では京都府がはじめて導入)。

 赤は支援を必要としていること,ハートとプラスは相手にヘルプする気持ちを持っていただく意味を含んでいます。

1 優先座席付近の窓ガラスへの啓発ステッカーの掲示

  ヘルプマークを身につけた方に席を譲っていただく等の支援を促すため,市バス・地下鉄の全車で,優先座席付近の窓ガラスに啓発ステッカーを掲示します。

⑴  デザイン

下記 ➀のとおり

⑵  サイズ

縦86mm×横282mm

⑶  掲示時期

平成29年2月20日(月曜日)から貼付作業を開始し,順次掲示します。

⑷  対象車両数

市バス 全808台

地下鉄 全37編成(烏丸線・東西線)

 

2 車内及び駅構内における啓発ポスターの掲示

 優先座席付近の窓ガラスに貼付した啓発ステッカーの効果をより高めるため,啓発ポスターを市バス・地下鉄の車内(下記 ➁のとおり)及び全ての地下鉄駅構内に掲示します。

➀【優先座席の窓ガラスに掲示する啓発ステッカー】


➁【市バス・地下鉄の車内に掲示する啓発ポスター】


〈参考〉
 ヘルプマーク配布数 7,540個(4,564個)(府全体(うち京都市内))

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

交通局 高速鉄道部 運輸課
075-863-5224