現在位置:

ICOCA定期券及びICカードによる乗継割引をはじめとした新たなサービスの実施

ページ番号214794

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月27日

 交通局では,現金や切符の購入が不要で,スムースに鉄道,バスに乗降いただける利便性の高いシステムであるICカードについて,普及促進と利用環境の充実に努めてきました。

 この度,平成27年度からその導入に向け取組を進めてきたICOCA定期券及びICカードによる乗継割引をはじめとした新たなサービスを,平成29年4月1日(土曜日)から開始するとともに,近年均一運賃区間の拡大などでより一層の連携が進む京都バスとの新たな共同事業にも取り組みますので,お知らせします。

新たに実施するサービス内容

(1)ICOCA定期券の発売

 現在発売している市バス・地下鉄の通勤・通学定期券(一部を除く)を,JR西日本のICカードシステムを活用したICOCA定期券として発売します。

 市バスのICOCA定期券(市バス・地下鉄連絡定期券及び市バス・地下鉄共通全線定期券を含む。)は,現在の定期券と同価格で,均一運賃区間内の市バス・京都バスの双方に乗車できる共通乗車券として発売いたします。

ア 発売開始日

 平成29年4月1日(土曜日

イ 発売券種

(ア)市バス定期券

(イ)地下鉄定期券

(ウ)市バス・地下鉄連絡定期券

(エ)市バス・地下鉄共通全線定期券

(オ)地下鉄・近鉄連絡券

 ※ 今回のICOCA定期券発売に合わせ,連絡定期券の発売範囲を現行の近鉄橿原線「平端(ひらはた)駅」から「橿原神宮前(かしはらじんぐうまえ)駅」まで拡大します。

(カ)地下鉄・京阪連絡定期券

ICOCA定期券発売券種一覧

通勤

通学

備考

大学生

中高生

小学生 

市バス定期券

市内中心フリー定期券など全6種

×

×

・均一運賃区間内では,京都バスとの共通利用が可能

区間定期券

― 

― 

― 

・区間が2キロメートル以下の短距離定期券を含む

地下鉄定期券

区間定期券

市バス・地下鉄連絡定期券

市内中心フリー定期券など全5種

×

×

・均一運賃区間内では,京都バスとの共通利用が可能

市バス部分が区間定期券のもの

― 

― 

― 

市バス・地下鉄共通全線定期券

市バス市内中心フリー定期券

地下鉄全線定期券

× 

×

×

・均一運賃区間内では,京都バスとの共通利用が可能

地下鉄・近鉄連絡定期券

区間定期券

・発売範囲を近鉄橿原線「橿原神宮前駅」まで拡大

地下鉄・京阪連絡定期券

区間定期券

※表中「-」としている定期券は,ICOCA定期券の発売はいたしません。(紙又は磁気カードでの発売を継続します。)

※表中「×」としている券種の定期券はありません。

※いずれのICOCA定期券も,身体に障がいのある方等を対象とした「特定割引定期券」としての発売はいたしません。

※区間定期券とは,通用区間及び乗車経路又は乗車する運行系統を選択する定期券です。

 

ウ 発売金額

 現在発売している定期券と同額です。

 ※ただし,ICOCA定期券をお持ちいただくには,500円のデポジット(カード預り金)が別途必要となります。

エ 発売場所

(ア)定期券発売所

(イ)地下鉄8駅(北大路駅,四条駅,京都駅,竹田駅,六地蔵駅,山科駅,三条京阪駅,二条駅)の自動券売機

※ 自動券売機では,交通局で発売した「地下鉄定期券」並びに「地下鉄・近鉄連絡定期券」及び「地下鉄・京 阪連絡定期券」のICOCA定期券のうち,通勤定期券の継続購入のみ取り扱います。

定期券発売所の発売日及び発売時間

発売所

発売日・発売時間

北大路駅(075-492-3208)

月~土(祝日を除く) 7時30分 ~19時30分

日・祝日 9時~17時

四条駅(075-343-3784)

京都駅前(075-371-6622)

山科駅(075-595-2930)

三条京阪駅(075-752-6071)

竹田駅(075-642-0626)

月~土(祝日を除く) 12時 ~19時30分

日・祝日 9時 ~17時

六地蔵駅(0774-32-2390)

二条駅(075-823-2265)

梅津営業所(075-311-0997)

(京都外大前バス停留所)

月末5日~月始5日

月~土(祝日を除く) 12時00 ~19時30分

日・祝日 9時~17時

洛西営業所(075-331-7821)

(小畑川公園北口バス停留所)

西賀茂営業所(075-492-6941)

(西賀茂車庫前バス停留所)

月末2日~月始1日

月~土(祝日を除く) 12時 ~19時30分

日・祝日 9時 ~17時

横大路営業所(075-601-9391)

(横大路車庫前バス停留所)

※ICOCA定期券等の発売は平成29年4月1日からです。

※いずれの定期券発売所も年末・年始(12月31日から1月3日)は休みです。

 

オ 「通学フリー定期券(甲)」の新設

 市バスのICOCA定期券においては,現在の「通勤フリー定期券」に加え,大学生が均一運賃区間のほか対象エリア内で自由に乗り降りできる6種類の「通学フリー定期券(甲)」を新たに発売します。

 対象エリアは以下のとおりです。

対象エリア

【磁気定期券からICOCA定期券への交換について】

 3月31日までに購入された一部の磁気定期券については,4月1日以降,無手数料でICOCA定期券へ交換していただくことが可能です。

定期券種別のICOCA定期券への交換可否一覧

通勤

通学

備考

大学生

中高生

小学生 

市バス定期券

市内中心フリー定期券など全6種

× 

× 

×

×

紙の定期券からの交換は不可

区間定期券

× 

× 

× 

×

紙の定期券からの交換は不可

地下鉄定期券

区間定期券

市バス・地下鉄連絡定期券

市内中心フリー定期券など全5種

×

×

×

市バス部分が区間定期券のもの

×

×

×

×

市バス・地下鉄共通全線定期券

市バス市内中心フリー定期券

地下鉄全線定期券

× 

×

×

地下鉄・近鉄連絡定期券

区間定期券

交通局が発売した連絡定期券のみ交換可能

地下鉄・京阪連絡定期券

区間定期券

交通局が発売した連絡定期券のみ交換可能

※表中「×」としている券種については,ICOCA定期券の交換対象外となります。

※このほか,ICOCA定期券として発売しない特定割引通勤(又は通学)定期券や,地下鉄・他社バス(京都バス,京阪バス,京阪京都交通)連絡定期券なども交換対象外となります。

 

【ICOCA定期券のよくあるご質問】

Q1 ICOCA定期券は通用開始前に事前購入できますか。

 新規購入・継続購入ともに通用開始日の14日前から購入していただけます。

 ただし,ICOCA定期券の発売は4月1日からとなりますのでご注意ください。

※4月上旬は,ICOCA定期券の発売開始に加え,新社会人や学生等による通勤・通学定期券の需要が高まることから,定期券発売所の大変な混雑が予想されます。

 

Q2 JR西日本とのICOCA連絡定期券は発売しますか。

 4月1日からは発売いたしません。今後,検討を進めていきます。

 

Q3 既に市バス・地下鉄の定期券を購入したが,ICOCA定期券に交換していただけますか。

【地下鉄定期券等】

 4月1日以降,無手数料で磁気定期券からICOCA定期券へ交換いたします。(交通局が発売した定期券に限ります。)

【市バス通勤フリー定期券(各種)】

 交換することはできません。お持ちの定期券を一度払戻し(無手数料,日割計算)のうえ,新たにICOCA定期券を購入していただくことは可能です。

 

Q4 市バスのICOCA定期券(通勤定期券)では,これまでどおり持参人式として使うことができますか。

 今回,ICOCA定期券で発売する「市バス通勤フリー定期券(市内中心フリーなど各種)」及び「市バス・地下鉄共通全線定期券」については,引き続き持参人式としてご利用いただけます。

※持参人式として利用できるのは,あくまで市バス(・地下鉄)のみです。ICOCA定期券購入者以外の方が他社(近鉄・京阪など)で当該定期券を利用されると,不正使用となりますのでご注意ください。

 

Q5 ICOCA定期券を手に入れるために,事前にICOCAカード(券面印字無し)を購入する必要はありますか。

 ICOCAカードを事前に購入して,定期券発売所にお持ちいただく必要はありません。

※従来の定期券購入手続きと同じです。ICOCA定期券購入の際は,定期運賃に加え500円のデポジット(カード預り金)が別途必要となります。

 

Q6 ICOCAカード(券面印字無し)を既に持っていますが,それに定期券情報を書き込めますか。

 書き込めます。この場合,500円のデポジット(カード預り金)は不要となります。

 

Q7 ICOCA以外の交通系ICカードでも定期券情報を書き込むことができますか。

 ICOCAカードのみとなります。

※「スマートICOCA」や「KIPS ICOCA」についても,定期券情報を書き込むことはできません。

 

Q8 地下鉄の自動券売機でICOCA定期券を購入できますか。

 4月1日以降,交通局で購入された地下鉄のICOCA定期券(京阪・近鉄連絡定期券含む)については,地下鉄8駅(北大路駅,四条駅,京都駅,竹田駅,六地蔵駅,山科駅,三条京阪駅,二条駅)の自動券売機で継続購入していただくことができます。

※通勤定期券のみの取扱いとなります。

 

 

(2)ICカードによる乗継割引サービス

 これまで,トラフィカ京カード御利用時に適用していた乗継割引サービスを,新たに,ICOCA,PiTaPaを含む全国10種類の交通系ICカード御利用時にも適用します。また,対象となる交通機関に京都バスが加わり,市民の皆様の利便性が更に向上します。

ア サービス開始日

 平成29年4月1日(土曜日)

イ 内容

 ICカードにより,市バス(又は京都バス)と市バス(又は京都バス),また市バス(又は京都バス)と地下鉄を乗り継がれた場合,以下の運賃を割り引きます。

 (ア)バス⇔バスで90円(1回目の降車から2回目の降車までが90分以内の場合に適用)

 (イ)バス⇔地下鉄で60円(当日中に乗り継いだ場合に適用)

ウ 対象ICカード

 ICOCA(イコカ),PiTaPa(ピタパ),Kitaca(キタカ),PASMO(パスモ),Suica(スイカ),manaca(マナカ),TOICA(トイカ),はやかけん,nimoca(ニモカ),SUGOCA(スゴカ)

(3)ICOCAの発売

 ICOCA定期券の発売に合わせ,よりICカードの普及を促すため,どなたでも手軽にICカード乗車券を入手し,普段使いとして御利用いただけるよう,ICOCAカードを全ての地下鉄駅及び定期券発売所で発売します。

ア 発売開始日

 平成29年4月1日(土曜日)

イ 発売券種

(ア)ICOCA    2,000円(大人運賃を適用します。)

(イ)こどもICOCA 2,000円(小児運賃を適用します。)

 ※ 上記金額には,500円のデポジット(カード預り金)を含みます。

ウ 発売場所

(ア)地下鉄全駅の自動券売機

(イ)定期券発売所

 ※ こどもICOCAは,年齢確認が必要なため,定期券発売所のみで発売します。

(4)PiTaPa登録型割引サービス

 事前に市バスの御利用エリアや地下鉄の御利用区間(乗車駅及び降車駅)を御登録いただくことで,1箇月間(1日~末日)の請求額の上限を1箇月通勤定期運賃とする「登録型割引サービス」を,新たに開始します。また,市バスのエリア指定プラン(市バス・地下鉄共通全線プラン含む)では,均一運賃区間内の京都バス御利用分もサービスの適用対象となります。

ア サービス開始日

 平成29年4月1日(土曜日)

 ※ 市バスの御利用エリアや地下鉄の御利用区間の登録開始日は,3月中旬を予定しています。

イ プランの種類

(ア)市バスエリア指定プラン

  市バス通勤フリー定期券と同じ6種類から選択

(イ)地下鉄区間(乗車駅及び降車駅)指定プラン

(ウ)市バス・地下鉄共通全線プラン

※ 通学定期運賃を上限とするサービスはありません。

お問い合わせ先

交通局営業推進室 075-863-5061