現在位置:

市バスの車両・バス停について

ページ番号204848

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月7日

よくあるご質問とその回答(市バスの車両・バス停について)

質問一覧

Q1 夏期,冬期における車内の温度管理はどうなっているのですか?

Q2 同じ停留所名で,いくつも分かれて設置されている停留所があるのはなぜですか?

Q3 上屋やベンチをもっと設置できないのですか?

Q4 バスの接近情報案内システム(バスロケーションシステム)をもっと設置できないのですか?

Q5 バス停の美化に向けた取組について,どのようなことを行っているのですか?

Q6 四条通バス停(「四条高倉」西行・東行,「四条河原町」西行・東行)では,バスへの乗降の仕方はどのようにすればいいのですか?

Q7 ノンステップバスの車両数はどの位あるのですか?

Q8 ノンステップバスは,今後も導入する計画があるのですか?

質問と回答

Q1 夏期,冬期における車内の温度管理はどうなっているのですか?

A1 季節や天候,車内の混雑状況に応じて,常に適切な車内温度になるよう乗務員が適宜努めております。これからもお客様に快適にご乗車いただけるよう努めてまいります。

 

Q2 同じ停留所名で,いくつも分かれて設置されている停留所があるのはなぜですか?

A2 市内中心部にはバス路線が集中しており,停留所が1箇所しか設置されていないと,バスが集中し乗降に時間がかかり,交通渋滞を引き起こす原因となります。そのため,バスの行き先や運行回数等を考慮して停留所を分けて設置してあります。基本的には同方向へ向かうバスは同じ停留所に停車するように設定していますが,運行の都合により異なる場合もあります。

 

Q3 上屋やベンチをもっと設置できないのですか?

A3 上屋やベンチについては,これらを設置した後も歩行者が円滑に通行できるよう,歩道に一定の幅員が確保されていることや,バス停の周辺にお住いの方のご理解をいただくことが必要となります。このため,全てのバス停に設置できるわけではございませんが,お客様のご利用状況を考慮しながら設置を進めてまいります。

 

Q4 バスの接近情報案内システム(バスロケーションシステム)をもっと設置できないのですか?

A4 市バスの接近情報をお知らせするバスロケーションシステムについては,バス停に電源が確保できていることや,機器の設置に十分な歩道幅が確保されていることなど,設置に当たっていくつかの条件を満たす必要があります。このような条件を満たすバス停(約500箇所)については,平成28年度末までに設置をすべて完了しました。
 今後は,更なる設置拡大に向け,調査検討を進めてまいります。

 

Q5 バス停の美化に向けた取組について,どのようなことを行っているのですか?

A5 お客様のご利用状況によって頻度は異なりますが,定期的にバス停の清掃を行っているほか,バス停では,ゴミをお捨てにならないよう,掲示物でお客様にマナーの向上を呼び掛けるなどして,バス停の美化に努めています。

 

Q6 四条通バス停(「四条高倉」西行・東行,「四条河原町」西行・東行)では,バスへの乗降の仕方はどのようにすればいいのですか?

A6 四条通バス停では,バスが3台分停車できるだけの長さを確保しており,乗降はバス停先頭の1台目のみで行い,中央及び後方の残り2台分は降車専用としております。点字ブロックを先頭に,道路と平行に2列に並んでバスをお待ちいただき,乗車されるバスが乗車口(のりば)に到着しましたら,列を出て順に前へお進みください。

 なお,お年寄り,妊娠している方,乳幼児をお連れの方,身体内部に障がいを持つ方などのために,点字ブロックの前方に優先乗車スペースを設けておりますので,乗車の際にはご協力をお願いいたします。

 

Q7 ノンステップバスの車両数はどの位あるのですか?

A7 市バスの全営業所で,804両ある車両のうち776両(全車両数に対する割合は約96.0%)のノンステップバスが営業を行っております(平成29年4月1日現在)。

 

Q8 ノンステップバスは,今後も導入する計画があるのですか?

A8 交通局では,平成12年度から導入する全ての車両をノンステップバス等の低床型車両にしております。今後もノンステップバスの導入を進めてまいります。

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部総務課

電話:(庶務担当)075-863-5031,(調査担当)075-863-5035,(情報管理担当)075-863-5036,(経営計画担当)075-863-5026

ファックス:075-863-5039