現在位置:

  • トップページ
  • 市バス
  • お知らせ
  • ~「歩いて楽しいまち・京都」を更に推進します~均一運賃区間の拡大及びICカードによる利便性向上策の開始について

【広報資料】~「歩いて楽しいまち・京都」を更に推進します~均一運賃区間の拡大及びICカードによる利便性向上策の開始について

ページ番号191252

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月16日

 

   この度,京都市交通局及び京都バス株式会社では,ひとと公共交通優先の「歩いて楽しいまち・京都」をより一層推進するため,京都市長の呼びかけに応じ,両者が連携して,市民の皆様へのサービスが飛躍的に向上するバス均一運賃区間の拡大ICカードによる利便性向上策を,下記のとおり実施しますので,お知らせします。

 

1 「上賀茂・西賀茂地域」への均一運賃区間拡大

 

   現在,乗車距離に応じた運賃設定となっている調整運賃区間(以下,「調整区間」という。)の「上賀茂・西賀茂地域」を均一運賃区間に変更します。

   これにより,分かりやすい運賃になるとともに「市バス・京都バス一日乗車券カード」「昼間割引回数券」などの御利用範囲が広がり大変便利になります。

   この度の均一運賃区間拡大によって,市バスと京都バスが競合する地域はすべて均一運賃区間となります。

 

⑴ 新たに均一運賃区間となる地域

   上賀茂・西賀茂地域

   (均一運賃区間拡大地域は,参考1及び2参照)

 

(参考1)市バスの均一運賃区間拡大地域図

市バスの均一運賃区間拡大地域図

(参考2)京都バスの均一運賃区間拡大地域図

京都バスの均一運賃区間拡大地域図

⑵ 均一運賃化する主な系統(改定前後の運賃は,参考3及び4参照)

 ア 市バス

  ・特37号系統(北大路バスターミナル~西賀茂車庫前~柊野)

  ・北3号系統(北大路バスターミナル~御薗口町~京都産大前)

 イ 京都バス

  ・36号系統(出町柳駅前~上賀茂神社前~京都産業大学前)

  ・32・34・35号系統の一部(出町柳駅前~上賀茂神社前~京都産業大学前)

⑶ 実施時期

   平成29年3月18日(土曜日)

(参考3)市バスの普通運賃(新旧表)

市バスの普通運賃(新旧表)

(参考4)京都バスの主な普通運賃(新旧表)

京都バスの主な普通運賃(新旧表)

2 ICカード(ICOCA)による共通定期券の発売

 

   平成29年4月に発売を予定しているICカード(ICOCA)で発売する定期券(以下,「IC定期券」という。)のうち,バスの定期券「通勤フリー定期券」,大学生向け「通学フリー定期券(甲)」)については,現在の市バス定期券と同価格で,均一運賃区間内の市バス・京都バスの双方に乗車できる共通定期券として発売します。

   これにより,1枚のIC共通定期券で市バスと京都バスへの乗車が可能となり,お客様の利便性が格段に向上します。

 

⑴ 対象定期券及び共通利用可能範囲

   IC定期券の「通勤フリー定期券」又は大学生向け「通学フリー定期券(甲)」のうち,

   (ア)市内中心フリー

   (イ)市内中心+高雄地域フリー

   (ウ)市内中心+高雄地域フリー拡大版

   (エ)市内中心+桂地域フリー

   (オ)市内中心+桂・洛西地域フリー

をお持ちの方は,均一運賃区間内(参考5「IC共通定期券の利用可能範囲」の ア の範囲)を運行する市バスと京都バスの双方に乗車できます。

⑵ 運賃

   新たなIC共通定期券は,市バス・京都バスの双方に乗車できる利便性の高い定期券となりますが,お客様の負担を抑え,お得で便利な定期券となるよう,現行の「通勤フリー定期券」などと同額に定期運賃を据え置きます。

⑶ 実施時期

   平成29年4月1日(土曜日)

⑷ その他

   本サービスは,IC定期券限定の対応となりますが,PiTaPaカードで平成29年4月から開始予定の「登録型割引サービス」においても市バス・京都バスの双方の御利用金額を適用対象とします。

※御利用区間を予め登録いただくことにより,1箇月間(月始~月末)の当該区間の御利用金額が定期運賃以上となっても,定期運賃を超える金額を請求しないサービスです。(御利用金額が定期運賃に満たない場合は,御利用金額を請求します。)

 

(参考) IC共通定期券の利用可能範囲

IC共通定期券の利用可能範囲

3 交通系ICカードによる乗継割引サービスの実施

 

   平成29年4月から,全国10種類の交通系ICカード(ICOCA・PiTaPa・Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・はやかけん・nimoca・SUGOCA)でもトラフィカ京カードと同等の乗継割引サービスを実施しますが,市バス・地下鉄に加えて京都バスも適用対象とし,利便性の向上を図ります。

 

⑴ 内容

   ICカードにより,バス(市バス・京都バス)と地下鉄をそれぞれ乗り継ぐ場合

   ・バス⇔バス90円(1回目の降車から2回目の降車まで90分以内

   ・バス⇔地下鉄60円(終日)

を2乗車目(偶数回目)の運賃から割り引きます。

⑵ 実施時期

   平成29年4月1日(土曜日)

 

4 問合せ先

⑴ 市バスに関すること

   京都市交通局営業推進室 TEL 863-5061

⑵ 京都バスに関すること

   京都バス株式会社運輸部営業課 TEL 871-7521