スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

市バスの乗り方

ページ番号175920

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月23日

市バスの乗り方

■ 京都市バスは後ろ乗り,前降りのワンマンカーです。運賃は降りるときに運賃箱に入れてください。

 

 

車体側面図

■ 市バスのご利用にあたって

 

市バスをご利用いただきありがとうございます。

停留所マーク

京都市バスはすべて系統番号で表示しています。中心部を走る均一運賃系統と郊外を走る多区間運賃系統があります。詳細は京都市バスの区間表示(方向幕)についてをご覧ください。
また,市バス・地下鉄全線が乗り放題の地下鉄・バス一日(二日)券外部サイトへリンクします,均一区間内なら600円で一日中乗り放題のバス一日券もございますのでご利用ください。
市バスをご利用になる場合は「市バス」と書かれた停留所に掲示している系統(行き先)のバスが停車しますのでご利用の停留所でお待ちください。

 

■ 市バスの乗り方

*下記表中の均一区間車には100円循環バスも含みます

 

[1] ご乗車ありがとうございます。後ろのドアからお乗りください。

 バス入口に下の写真の機械があります。(均一区間車には設置されていません)

整理券発行機

カード読取機(左)と整理券発行機(右)
1:整理券取出口
2:カード乗車券投入口
3:カード乗車券取出口
4:ICカード読取部

 

■ 均一区間車に乗車されたとき

  そのままご乗車いただけます。

 

■ 整理券車に乗車されたとき

◇現金・回数券・定期券でご乗車の場合

  乗るときに整理券を必ずお取りください。
  無券の場合は始発駅からの運賃となりますのでご注意ください。

◇磁気カードでご乗車の場合
  1. 乗車口のカード読取機下部のカード乗車券投入口(2)にカードを入れてください(整理券を取る必要はありません)
  2. カード残額と整理券番号が表示されます。
  3. カード乗車券取出口(3)からカードをお取りください。

◇ICカードでご乗車の場合

  1. 乗車口のICカード読取部(4)にカードをタッチしてください。(整理券を取る必要はありません)
  2. カード残額と整理券番号が表示されます。 (PiTaPaカードの場合は残額ではなくポストペイを表すPosと表示されます)

地下鉄・バス一日(二日)券外部サイトへリンクします(発売額900円または1,700円)をご利用の場合

 はじめてご利用された時はカード乗車券投入口(2)にカードをお通しください。

 有効日の印字がある時(2回目以降のご利用時)は,読取機に入れる必要はありません。

バス一日券(発売額600円)をご利用の場合

 有効日の印字の有無に関わらず,カード乗車券投入口(2)にカードをお通しください。

 

[2] 次が下車停留所になったら,早めに降車ボタンでお知らせください。

 

メモリーランプ







降車ボタン

 お降りの方は,降車ボタンを押して出口へお進みいただきますが,バスが完全に停車するまで,そのままお待ちいただきますようお願いします。また,やむを得ず急停車することがありますので走行中の座席の移動はご遠慮ください。

 

[3] 運賃をご用意ください。

 小銭・回数券・カード乗車券などをご用意ください。
 500円硬貨・1000円紙幣をご使用の方は,バスが停まってから運賃箱の両替機で小銭に両替をお済ませください。
 また2,000円・5,000円・10,000円札をご使用の方は,ご乗車の前にあらかじめ両替をお済ませいただきますようお願いします。

 

[4] 運賃は停車してからお入れください。

 

運賃箱

         運賃箱

 1:運賃投入口
 2:両替用紙幣投入口(1,000円札のみ)
 3:両替用硬貨投入口
  (500円,100円,50円硬貨)
 4:カード乗車券挿入口
 5:両替後硬貨取出口
 6:ICカード読取部
    (正常受付時,緑色点灯)
 7:運賃箱モニター

□ ちょっとご注意! □
 
磁気カードで乗車された方で,こんなときはカードを入れる前に乗務員までお知らせください。

  • 小児や,福祉割引でご利用の場合
  • 一枚のカードを二人以上でご利用の場合

※また,ICカードでご乗車の場合は以下のような使用はできません。

ア,2枚以上のICカードでの使用

イ,他の乗車券類と組み合せた使用

 (回数券,トラフィカ京カード,市バス専用カード,定期券,市バス・地下鉄連絡乗車券,バス一日券,福祉乗車証等)

ウ,乗車券の購入

エ,記名式カードでの記名人以外での使用

オ,特別割引運賃の適用

 

■ 均一区間車に乗車されたとき

◇現金,回数券等をご利用の場合

 ・運賃箱の投入口(1)に入れてください。

 

◇磁気カードをご利用の場合

 ・運賃箱のカード乗車券挿入口(4)に入れてください。

  運賃箱モニター(7)に収受運賃と,カード残額が表示されます。
  (カード残額が足りないときは,新しいカードまたは,現金を追加してください。)

  ※カードの2枚同時投入は出来ません。   

 

◇ICカードをご利用の場合

 ・運賃箱のICカード読取部(6)に(『ピピッ』というまで)1秒程度タッチしてください。

  運賃箱モニター(7)に収受運賃と,カード残額等が表示されます。

  (PiTaPaカードの場合はポストペイでのお支払のみ可能です。※チャージ部分からの減額処理はできません)
  (ICOCAやSuicaなどのプリペイド式カードの場合で,残額が足りない時は,不足運賃を現金でお支払いください)

  ※財布やパスケースに他のICカードやリライト式ポイントカードなど,ご使用になるICカードと運賃箱との通信を妨げるものが混在していると正常な処理ができません。ピピッと音がするまで,再度しっかりとタッチしてください。

運賃は
大人230円
小児120円です
(100円循環バスは大人・小児とも100円です)

 

◇定期券でご利用の場合

 券面に記載の有効期限・適用範囲が見えるよう,運転士にわかりやすく呈示してください。

 

地下鉄・バス一日(二日)券外部サイトへリンクします(発売額900円または1,700円)

  またはバス一日券(発売額600円)をご利用の場合

 はじめてご利用された時は読取機(4)にカードをお通しください。

 有効日の印字がある時(2回目以降のご利用時)は,日付を運転士に呈示してください。

   (読取機に入れる必要はありません。)

 

■ 整理券車に乗車されたとき

◇現金・回数券でご乗車の場合

 整理券番号とバスの前に表示されている運賃をご確認のうえ,小銭または回数券と整理券を一緒に運賃箱に入れてください。整理券をお持ちでない方は始発駅からの運賃となりますのでご注意ください。

運賃表示機




運賃表示機

◇磁気カードをご利用の場合

・運賃箱のカード乗車券挿入口(4)に入れてください。

 画面に収受運賃と,カード残額が表示されます。
 (カード残額が足りないときは,新しいカードまたは,現金を追加してください。※カードの2枚同時投入は出来ません。)   

 

◇ICカードをご利用の場合

・運賃箱のICカード読取部(6)に1秒程度タッチしてください。

 運賃箱モニター(7)に収受運賃と,カード残額等が表示されます。

 (PiTaPaカードの場合はポストペイでのお支払のみ可能です。※チャージ部分からの減額処理はできません)
 (ICOCAやSuicaなどプリペイド式カードの場合で,残額が足りない時は,不足運賃を現金でお支払いください)

※財布やパスケースに他のICカードやリライト式ポイントカードなど,ご使用になるICカードと運賃箱との通信を妨げるもの が混在していると正常な処理ができません。ピピッと音がするまで,再度しっかりとタッチしてください。

 

※上記いずれのカードも,整理券車をご利用の場合は,乗車時にカード読取機に通していないと,降車時に読取機に通しても運賃を精算することができません。(乗車停留所が不明であり運賃の計算ができないため)

この場合は,運転士にご乗車になった停留所をお知らせいただき,運転士による運賃箱の設定が完了後,読取機に通していただくようお願いします。

 

バス一日券(発売額600円)をご利用の場合

 有効日の印字の有無に関わらず,読取機(4)にカードをお通しください。

 もし均一区間外にまたがってご乗車の際は区界から(または区界まで)の運賃をお払いください。

 (この場合,不足運賃をICカードでお支払いただくことはできません)

 

地下鉄・バス一日(二日)券外部サイトへリンクします(発売額900円または1,700円)をご利用の場合

 はじめてご利用された時は読取機(4)にカードをお通しください。

 有効日の印字がある時(2回目以降のご利用時)は,読取機に入れる必要はありません。

 有効日の印字がある時(2回目以降のご利用時)は,カード裏面の有効日を運転士に呈示してください。

  はじめてご利用される時は,運賃箱のカード挿入口(4)にカードをお通しください。

[5] 前のドアから降ります。ご乗車ありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

 

◇定期券でご利用の場合

 乗車時にお取りになった整理券を運賃箱に投入し,定期券の券面に記載の有効期限・適用範囲が見えるよう,

 運転士にわかりやすく呈示してください。

 

バス一日券

◆バス一日券:おもて
有効範囲:市バス・京都バス均一運賃区間

未使用のバス一日券裏面

うら

地下鉄・バス一日(二日)券

◆地下鉄・バス一日(二日)券:おもて
有効範囲:市バス・地下鉄全路線,京都バス(一部を除く),京阪バス(一部を除く)

未使用の地下鉄・バス一日券裏面

うら

◆その他,ICカードのご利用に関するお願い

・ICOCAやSuica,PASMOなどのプリペイド式ICカードをご利用のお客様へ

カード残額が必要運賃に満たないときは,タッチした時点で残額を先に収受しますので,なお不足する運賃を現金でお支払いください。

※但し10円未満は収受しません。例えば残額52円のカードで230円区間を利用した場合,降車時にタッチした時点で50円を先に収受しますので,なお不足する180円は現金でお支払いください。(他の乗車券類では精算できません)

・市バスの車内では「千円紙幣による金額千円」のみのチャージを行うことができます。

※車内混雑や運行遅延を抑制するため,予め主要な鉄道駅やコンビニエンスストア等でチャージしてからご利用いただくようご協力をお願いします。(バス車内では小銭や高額紙幣でのチャージはできません。)

※前の降車扉が開いているときは,そのままタッチすると通常運賃を収受しますのでご注意ください。

※ICOCAやSuica,PASMOなどのプリペイド式ICカードをご利用の場合で,カード残額が必要運賃に満たないときは,タッチした時点で残額を先に収受しますので,なお不足する運賃を現金でお支払いいただくことを原則としていますが,その際にチャージによって不足運賃を補填することもできます。この場合,カード残額が不足した時点で運転士にお申し付けいただき,運賃箱のカード読取部にカードを置いてください。運転士が運賃箱のボタン操作を行いますので,運賃箱の音声ガイダンスに従って,千円紙幣を挿入してください。(ピピッっという電子音と,運賃箱モニターの「入金完了しました」の表示によって不足運賃の収受とチャージの処理が一括で完了しますので,カードは最後まで読取部に置いておいてください。)

例えば残額52円のカードで230円区間をご利用の場合,降車時にタッチした時点で50円を先に収受しますので,この時に1,000円をチャージすることにより不足の180円も同時に収受することから,お客様のカードは822円の残額となって処理が完了します。

お問い合わせ先

京都市 交通局自動車部運輸課

電話:(運輸担当)075-863-5123,(路線計画担当)075-863-5132,(事業担当)075-863-5135

ファックス:075-863-5128