現在位置:

市バスの安全運行に関する取組について

ページ番号43799

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年12月22日

市バスの安全運行に関する取組について

 昭和3年(1928年)5月10日に出町柳~植物園間の約2.5kmで運行を開始した京都市のバス事業は,今年で80周年を迎えました。平成19年度の実績で,市バスの年間総走行距離は一般路線,観光路線を合わせて2,900万キロに達し,御利用いただいたお客様は年間で1億1千万人を超え,市民の皆様の足として,また年間5,000万人が訪れる国際文化観光都市の観光客の方々の足として,市内バス交通の約85パーセントを担っております。

 市バス事業が,80年という長きにわたって続けてこられたのは,一重にお客様の信頼があればこそであり,その信頼の基盤となるものは何よりも安全であると認識しております。

 私は,伝統ある京都市交通局の管理者として,「安心・安全・快適」を公営交通事業の柱と位置付け,中でも安全を最優先に取り組み,他の誰よりもまず私が,多くのお客様の尊い命をお預かりしていることを常に意識し,自らが先頭に立って輸送の安全性の確保に邁進していくことをここにお約束いたします。

 平成19年度は,職員一丸となって安全に関する取組に努めた結果,事故件数減少の目標を達成することができました。平成20年度も引き続き,安全に関する取組を強化し,目標達成に努めてまいります。

 つきましては,交通局の安全運行に関する取組について,平成19年度の結果と平成20年度の計画を取りまとめましたので,ここに公表いたします。

 

平成20年7月

京都市公営企業管理者

交通局長 葛西 宗久

 

 ○ 運輸安全マネジメントの取組状況

 

お問い合わせ先

京都市 交通局自動車部運輸課

電話:(運輸担当)075-863-5123,(路線計画担当)075-863-5132,(事業担当)075-863-5135

ファックス:075-863-5128