◎カードの残額が不足した場合

ページ番号33350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年10月5日

乗り継ぐ前(1回目)のご乗車で残額が不足した場合

市バス

 新しいトラフィカ京カードを追加してください。追加されたカードで,次(2回目)にご乗車になるバス又は地下鉄の運賃を割引します。

※現金やスルッとKANSAIカードなど,他の方法で追加された場合は,次の乗車を割引できませんので,ご注意ください。

地下鉄

・新しいトラフィカ京カードをお持ちの場合は,残高不足のカードと重ねて,2枚投入が可能な改札機(赤色の改札機)に2枚同時に通してください。通していただきました残高が残っている方のカードで,市バス運賃をお支払いいただきますと,運賃を割引します。

・新しいトラフィカ京カードをお持ちでない場合は,精算機でバス連絡券(割引運賃)をご購入下さい。不足金額分の精算は,トラフィカ京カードはもちろん,現金,スルッとKANSAIカード等,どの方法でも可能です。次にご乗車になるバスでは,この連絡券をご利用ください。

※精算機で精算に使用したトラフィカ京カードで,次の市バス運賃をお支払いいただいても割引できません。必ずバス連絡券をご購入下さい。

 

乗り継ぐ前(1回目)のご乗車で残額が0円になった場合

  乗り継ぐ前(1回目)のご乗車で残額がぴったり0円になったトラフィカ京カード(精算する必要のなかったもの)は,捨てないでください。

 そのカードで次(2回目)のご乗車の運賃を割引します。

市バスでの利用方法

 2回目の市バス降車時に,0円のトラフィカ京カードを運賃箱に通していただくことで,運賃不足額(乗継割引後の運賃)が表示されます。

 運賃不足額は,トラフィカ京カードや現金等でお支払いください。

地下鉄での利用方法

・2回目の地下鉄乗車時は,改札機に0円のトラフィカ京カードを通してください。

・降車時は,精算機をご利用ください。

※不足運賃分を支払うことが可能なトラフィカ京カードをお持ちであれば,2枚投入が可能な改札機がご利用いただけます。(ただし,トラフィカ京カードとスルッとKANSAIカードの2枚投入はできません。)

 

乗り継いだ後(2回目)のご乗車で残額が不足した場合

 市バス・地下鉄とも,不足運賃分の精算は,トラフィカ京カードはもちろん,現金,スルッとKANSAIカード等,どの方法でも可能です(地下鉄では精算機をご利用ください)。

※不足運賃分を支払うことが可能なトラフィカ京カードをお持ちであれば,2枚投入が可能な改札機がご利用いただけます。(ただし,トラフィカ京カードとスルッとKANSAIカードの2枚投入はできません。)