現在位置:

市バスの安全運行に関する取組について

ページ番号22259

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年4月8日

 京都市交通事業(市バス事業)におきましては,73系統750台のバスが市内を網の目のように運行し,1日で地球を2周する約7万8,000kmを走り続け,毎日約30万8千人のお客様にご利用いただいております。これは,市内のバス交通のうち約85%を占めており,まさに市内交通の中心的な役割を果たしております。
 市バスの運営に当たっては,お客様の安全を確保することを,最も優先しなければならないこととして位置付け,これまでから,関係法令の遵守や,安全確保のための毎日の車両点検,運行管理者による全運転士に対する安全運転指導等を含めた個別面談を行うなど,安全運行の徹底に努めております。
 また,委託先の民間バス事業者も含めた「全市バス安全運行推進会議」を開催し,受託事業者独自の安全運行に関する取組状況の確認や,事故の原因及び傾向に関する情報の共有化を図るなど,市バス全体の安全運行についても万全を期しております。
 さらに,昨年10月には,道路運送法の改正に基づき,新たに,「京都市乗合自動車安全管理規程」を策定するとともに,「安全統括管理者」を選任するなど,運輸安全マネジメント態勢の確立に努めてまいりました。
 この度,交通局の安全運行に関する取組について,広くお知らせをすることにより,お客様に安心してご乗車していただく趣旨で,その内容について取りまとめましたので公表いたします。

 私たち交通事業を営む者は,多くのお客様の尊い命をお預かりしていることを常に意識し,輸送の安全性の確保に努めることが最大の使命であります。このことを,今一度再確認し,経営トップである私が先頭に立って輸送の安全性の確保に邁進していくことをここにお約束いたします。

 平成19年7月  

 京都市公営企業管理者 交通局長

 

お問い合わせ先

交通局 自動車部 運輸課
電話: 075-863-5123