現在位置:

平成18年度 交通局運営方針

ページ番号11205

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年4月11日

1 市バス事業の概要

 市バスは、74系統750台のバスが市内を網の目のように運行し、1日で地球を2周する約7万8,000kmを走り続け、毎日約32万人のお客様にご利用いただいています。これは、市内のバス交通のうち85%を占めており、まさに市内交通の中心的な役割を果たしています。

 しかし、お客様のご利用が少なくて、民間バス並みのコストで運行しても赤字となる、いわゆる「生活支援路線」の維持が厳しくなっていることから、どのようにして確保していくかが課題となっています。

2 地下鉄事業の概要

 地下鉄は、都市空間を有効に活用しつつ、地域の発展と活性化に極めて大きな効果をもたらすとともに、CO2排出量が自家用車の20分の1であり、地球環境にも大変優しい公共交通機関です。京都市の地下鉄は、烏丸線と東西線を合わせて28.8kmの路線で、2路線、37編成、222両で毎日地球1周を超える4万9,000kmを運行し、毎日約31万人のお客様を安全・確実にお運びしています。

 しかし、その便利な地下鉄も、1km伸ばすのに200億~300億円もの巨額の建設費がかかることから、その債務をどのようにして返済していくかが課題となっています。

3 平成18年度の1年間、交通局では、

市バス

更なるサービスアップと徹底したコスト削減に努めるとともに、市バスのネットワークを堅持するため、「小型バス・ジャンボタクシー代替モデル実証実験」を継続して行うなど「生活支援路線」を全力で維持します。

地下鉄

平成16年11月に開通した東西線(六地蔵~醍醐間)に続き、東西線(二条~天神川間)の平成19年度中の早期開通に向けて延伸工事を進めます。

 

○安心して利用していただけるよう、より安全な市バス・地下鉄を目指します。

○職員の接遇マナーアップにより、市民に愛される市バス・地下鉄を目指します。

○人件費・経費の削減や、更なるサービスの向上により、民間のバスや鉄道事業者に負けない事業運営を目指します。

○市バス・地下鉄の各施設のバリアフリー化や、環境に配慮したバス車両や燃料の導入など低公害化の取組を進め、人や環境に優しい市バス・地下鉄を目指します。

4 平成18年度 交通局運営方針

1 安全で快適な市バス・地下鉄の運行の確立

2 お客様の増加、収入増のための積極的な営業推進

3 一層の経営健全化の推進

4 平成19年度の地下鉄東西線(二条~天神川間)の開通に向けた取組の推進

5 市バス・地下鉄のバリアフリー化、低公害化の推進

6 京都市が進める「歩いて楽しいまちなか戦略」への積極的な参画

5 平成18年度 交通局運営方針全文

平成18年度 交通局運営方針 全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

6 これまでの運営方針

7 参考

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部総務課

電話:(庶務担当)075-863-5031,(調査担当)075-863-5035,(情報管理担当)075-863-5036,(経営計画担当)075-863-5026

ファックス:075-863-5039