現在位置:

洛バスで京都観光

ページ番号9141

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年4月1日

洛バスロゴ

「洛バス/RAKU BUS」(らくばす)とは・・・

 市バスの観光路線として多くの外国人観光客が利用される100号系統,101号系統,102号系統の3路線を「外国人向け観光推奨バス路線」と位置付け,愛称を「洛バス」とし,外国人観光客が一目で分かる車体デザインの導入等を行い,平成17年1月19日から運行を開始しました。

 愛称に,京の都という意味を持つ「洛(らく)」を使った「洛バス」に乗れば,世界文化遺産等の京都の歴史的建造物が観光できるという意味と「楽(らく)に楽しく」京都市内観光ができるという意味を込めています。

 ※ 現在,100号(桃色 春の桜)101号(緑色 夏の木々)102号(黄色 秋の紅葉)で運行しています。

洛バスに乗ろう!


  (洛東エリア)
  東山
  平安神宮
  銀閣寺 方面



  (洛中エリア)
  二条城
  北野天満宮
  金閣寺 方面



  (洛北エリア)
  大徳寺
  金閣寺
  銀閣寺 方面


洛バス路線図

洛バス路線図

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

洛バスのデザインについて

 二代目となった現在のデザインは,全国44点のご応募の中から選ばれ,平成26年3月11日にお披露目をしました。

 デザインは,京都の伝統文化である京友禅染のきもののイメージを基調に,車体に大胆な手毬文様を配したもので,手毬文様は転がる手毬から洛バスでの快適な移動を表すとともに,子供の無事を願った玩具であることにかけ,お客様の安全を願う気持ちを表しています。

お問い合わせ先

交通局自動車部営業課 
(管理担当)075-863-5116