現在位置:

平成16年度 交通局政策推進方針

ページ番号6066

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年4月11日

平成16年度交通局政策推進方針 アクションプログラム2004

 いつも市バス,地下鉄をご利用いただきまして,誠にありがとうございます。

 この「平成16年度交通局政策推進方針~アクションプログラム2004~」は,平成16年度に交通局が行う重点的な取組について,平成15年度に策定した行動計画「京都市交通事業アクションプログラム」に基づきとりまとめたものです。

 どうぞご覧いただきまして,交通局が行う事業の運営方針についてご理解いただきますようお願いします。

1 市バスの現状

市バスは,72系統750台のバスが市内を網の目のように運行し,一日地球を2周する7万8千キロメートルを走り続け,毎日30万人のお客様にご利用いただいています。

これは,市内のバス交通のうち85%を占めており,まさに市内交通の中心的な役割を果たしています。

2 地下鉄の現状

地下鉄は,都市空間を有効に活用しつつ,地域の発展と活性化に極めて大きな効果をもたらす公共交通機関です。

京都市の地下鉄は,烏丸線と東西線の2路線合わせて26.4キロメートルを営業しており,毎日31万人のお客様を安全・確実にお運びしています。

3 これからの市バス・地下鉄がめざすもの

市バス

平成15年度の黒字経営を今後も継続できるように,更なるサービスアップと徹底したコスト削減に努めます。

地下鉄

平成16年11月に東西線(六地蔵~醍醐間)を開通し,さらに平成19年度中の東西線(二条~天神川間)の開通をめざします。

さらに・・・

・職員の接遇マナーアップにより,市民に愛される市バス・地下鉄をめざします。

・人件費・経費の削減や,更なるサービスの向上により,民間のバスや鉄道事業者に負けない事業運営をめざします。

・市バス・地下鉄の各施設のバリアフリー化や,環境に配慮したバス車両や燃料の導入など低公害化の取組をすすめ,ひとや環境にやさしい市バス・地下鉄をめざします。

 

都市の社会基盤として大切な市民の足である市バス・地下鉄のネットワークを全力で守ります。

 

4 平成16年度 交通局政策推進方針

1 お客様に便利・快適にご乗車いただくための9つのアクションプログラム

2 職員の意識改革をすすめるための3つのアクションプログラム

3 経営を健全化するための9つのアクションプログラム

4 市民のみなさまと一緒に市バス・地下鉄を考えていくための2つのアクションプログラム

5 市バスを走りやすくするための2つのアクションプログラム

6 ひとや環境にやさしい市バス・地下鉄にするための3つのアクションプログラム

7 速くて便利な地下鉄の路線を伸ばすための1つのアクションプログラム

5 アクションプログラム2004全文

平成16年度 交通局政策推進方針アクションプログラム2004全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 交通局企画総務部総務課

電話:(庶務担当)075-863-5031,(調査担当)075-863-5035,(情報管理担当)075-863-5036,(経営計画担当)075-863-5026

ファックス:075-863-5039