現在位置:

【広報資料】【好評につき募集は終了しました!】人権月間事業 すべての人の人権が尊重される地域社会の実現に向けて ~未来につなげる北区のこころ,『WA(わ)』のこころ~について

ページ番号207590

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年10月31日

広報資料

北区地域啓発推進協議会

北区役所 地域力推進室(TEL:432-1208)

【好評につき募集は終了しました!】人権月間事業 すべての人の人権が尊重される地域社会の実現に向けて ~未来につなげる北区のこころ,『WA(わ)』のこころ~ を開催します。

 北区地域啓発推進協議会及び北区役所では,北区基本計画に基づき,一人ひとりの人権が尊重され,いきいきと暮らせる社会の実現を目指し,学校や地域,職場などで人権教育・啓発の取組を推進しています。この度,人権月間事業として,他者への思いやりや家族の絆など,これまでに培われてきた「『WA(わ)』のこころ」を次代に受け継いでいくため,講演会と映画鑑賞会を開催しますので,お知らせします。

1 日時

 平成28年12月3日 土曜日

 午後1時~午後4時(受付 午後0時30分から)

2 会場

 京都市北文化会館ホール外部サイトへリンクします(キタオオジタウン内)

 ※地下鉄北大路駅,市バス北大路バスターミナル下車すぐ

3 内容

第1部 講演

講師 藤田 寛蹊(ふじた かんけい)氏

 龍谷大学大学院修了。大徳僧堂にて修行したのち、平成10年に大徳寺派雲林院の住職に就任する。13年に大徳寺派宗務本所部員,28年4月に教学部長となる。臨済宗連合各派布教師。

演題 「しあわせに生きるとは」

 ※講演の手話通訳,要約筆記あり

第2部 映画 「母と暮せば」

監督     山田洋次

出演     吉永小百合,二宮和也,黒木華,浅野忠信,加藤健一 ほか

作品概要

 1948年8月9日,3年前に長崎の原爆で亡くなった浩二が,母・伸子のもとに現れることから物語は始まる。戦後日本の助け合いの精神と母と息子の絆,他者への思いやりを描いた山田洋次監督初のファンタジー作品。                                           

※ユニバーサル上映(日本語字幕の映写,音声ガイドあり)

4 参加費

 無料

5 定員

 申込先着400名

6 申込み

 11月16日水曜日から,電話・ファックス・電子メールにより「京都いつでもコール」(午前8時~午後9時,年中無休)で受け付けます。申込時に,代表者の氏名(ふりがな)・電話番号及び同伴者数(3名以内)をお伝えください。

FAXでお申込みの場合は,イベント名も明記してください。

○電話661-3755

○FAX661ー5855

○電子メール(以下のホームページから)

パソコン http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

携帯電話 http://www.city.kyoto.jp/koho/m/cc/

7 その他

 主催 北区地域啓発推進協議会・北区役所

8 広報資料

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:事業担当:075-432-1208,広聴担当:075-432-1208,振興担当:075-432-1208

ファックス:075-441-3282