現在位置:

食生活改善普及運動・健康増進普及月間について

ページ番号201491

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年9月12日

9月は食生活改善普及運動・健康増進普及月間です。

 日常生活に介護を必要としないで自立した生活ができる期間を健康寿命といい,現在,平均寿命と健康寿命の差は約10年もあります。

 健康寿命を延ばすためには,運動,食事,禁煙,社会参加(地域活動)など,健康について心がけることが大切です。

 健康で楽しい生活を送るために,日常生活を少し変えていきましょう。

   【健康増進月間統一標語】 1に運動 2に食事  しっかり禁煙 最後にクスリ

  ~健康寿命の延伸~

  【平成28年度 健康増進普及月間(厚生労働省)】外部サイトへリンクします

  【平成28年度 食生活改善普及運動(厚生労働省)】外部サイトへリンクします

1 運動 ~適度な身体活動・運動でいつまでも若々しく~

 日常生活において,適度な運動を習慣的に行うことは,肥満,動脈硬化,高血圧症などの生活習慣病の危険因子を低下させ,虚血性心疾患,脳血管疾患,糖尿病などの病気の発症を予防することにつながるとともに,糖尿病,高血圧症などの治療効果を有することも明らかになってきています。

 「アクティブガイド-健康づくりのための身体活動指針-」を参考に,身体活動を増やしましょう。

【健康長寿のまち・北区:今から始める健康長寿プロジェクト】

 ・運動:今より1日10分多く歩く。

アクティブガイド(厚生労働省作成)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 食事 

 京都の家庭では,ご飯を主食とし,野菜,大豆加工品,漬物などを上手に組み合わせ,出汁をベースとした一汁三菜を基本とする健康的な食事が受け継がれてきました。京都の家庭料理を含む和食は,多様な新鮮な食材を用いた栄養バランスの良い食事とされており,まさに医食同源の手本と言えるものです。 

 夏が終わり,過ごしやすい季節となり,おいしい秋,京都の味覚を食べ過ぎてしまうこともあるかもしれません。食事のバランスを考えながら「食欲の秋」を楽しみましょう。

【健康長寿のまち・北区:今から始める健康長寿プロジェクト】

 ・栄養:野菜を毎日350g以上食べる。

【京・食ねっと】外部サイトへリンクします

3 スマート・ライフ・プロジェクト

 「スマート・ライフ・プロジェクト」とは,「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに,国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした国民運動です。

 生活習慣病を予防し,健やかな生活を送るための「運動」「食生活」「禁煙」の3つのアクションに加え,「健診・検診の受診」を推進しています。個人メンバーに登録すると,「スマートライフ度」をチェックすることができ,運動,食生活,たばこの害について学ぶことができます。

 【スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)】外部サイトへリンクします

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:事業担当:075-432-1208,広聴担当:075-432-1208,振興担当:075-432-1208

ファックス:075-441-3282