現在位置:

よくある質問 福祉医療関係

ページ番号149732

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年10月31日

Q  敬老乗車証について,教えてください。

A<健康長寿推進課高齢介護保険担当 電話075-432-1364>
 京都市では,様々な社会活動に参加し生きがいづくりに役立てていただくため,市内にお住まいの70歳以上の方に市バス・地下鉄に乗車できる敬老乗車証を交付しています。(市バス・地下鉄が運行していない特定の地域にお住まいの方は,民営バスに乗車できる敬老乗車証を併せて交付。)
 新たに70歳になられる方には,満70歳のお誕生日の前月20日ごろにお知らせを送付します。交付を希望される方は,お知らせに同封の申請書に必要事項を記入のうえ,同封の封筒で返送してください。申請された方には,御負担いただく金額を記入した納入通知書(無料となる方には引換券)を御自宅に郵送します。納入通知書(又は引換券)が届きましたら,京都市内の郵便局で敬老乗車証の交付を受けてください。負担金は交付を受ける際,郵便局でお支払いください。
 なお,他の福祉乗車証等をお持ちの方には,重複して交付できないため,どちらか一方を選んでいただくことになりますので,御注意ください。
 また,既に70歳以上の方で敬老乗車証をお持ちでない方のうち,交付を希望される方はお問い合わせください。

負担金額
                                              区分   負担金額(年額)

   生活保護を受けている方

   老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税の方

               0円
     本人が市民税非課税の方          3,000円
     本人が市民税課税で,合計所得金額が200万円未満の方          5,000円
     本人が市民税課税で,合計所得金額が200万円以上700万円未満の方         10,000円
     本人が市民税課税で,合計所得金額が700万円以上の方              15,000円
  • 老齢福祉年金とは,国民年金制度の発足当時(昭和36年4月),既に高齢であったため,国民年金等が支給されない方に対して支給される福祉的な年金です。
  • 合計所得金額とは税法上の用語で,前年の収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことです。複数の種類の収入がある方は,それぞれに算出された額を合計した額が,合計所得金額となります。
  • 市民税が「課税」の場合でも京都市市税条例の適用により支払が免除されている場合があります。その場合は,「非課税」に当たりません。
  • 火事,地震等の災害により著しく損害を受けたときには,負担金が減額又は免除される場合があります。

お問い合わせ先

北区役所 保健福祉センター 健康福祉部 健康長寿推進課 高齢介護保険担当:075-432-1364