わくわくレシピ冬メニュー6

ページ番号121606

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月1日

サトイモと小豆のいとこ汁

サトイモと小豆のいとこ汁の画像

<野菜のひとりごと>小豆は邪気を祓うなどお祝い事に用いられてきましたがその成分から漢方薬としても利用されてきました。サトイモも子孫繁栄の縁起物として正月料理などに用いられています。

ざいりょう 4人分

★サトイモ       200g

★小豆         100g

★カボチャ       150g

★白味噌      大さじ3

★だし醤油     大さじ1

つくりかた

(1)  鍋にたっぷり目の水を入れ,洗った小豆を漬けておく。

(2)  20分ほど小豆に水を吸わせたら,そのまま沸騰するまで茹でる。

(3)  沸騰したらお湯を捨て,再度水500ccを入れ,柔らかくなるまで茹でる。

(4)  カボチャは薄切りにし,サッと湯がいておく。

(5)  サトイモは皮をむき食べやすい大きさに切り,竹串が刺さる程度に下茹でしておく。

(6)  鍋に600ccの水と(4)(5)を入れ火にかけ,沸騰したら弱火にする。

(7)  (3)の小豆をいれ,白味噌とだし醤油で味を整えたら出来上がり。

☆いとこ汁は上賀茂地域の伝統行事サンヤレ祭には昔から作られています。なぜいとこ汁と呼ぶのかは諸説ありますが,上賀茂では,使われている野菜の種類が違うのに相性がいいことから,近親関係の「いとこ」に見立てたという説が伝わっています。

<京野菜料理 ke-ko>

わくわくレシピPDF版

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-432-1197,地域防災担当:075-432-1199,統計調査担当:075-432-1199,企画担当:075-432-1199

ファックス:075-432-0388