現在位置:

【広報資料】(お知らせ)トンネルの緊急点検の実施について~トンネルの「傷み」をいち早く調べます~

ページ番号217942

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月19日

お知らせ

平成29年4月19日
建設局(土木管理部土木管理課 222-3568)

トンネルの緊急点検の実施について~トンネルの「傷み」をいち早く調べます~

 京都市では,19箇所のトンネルを管理しており,古いものでは100年以上経過するものがあり,今後急速に老朽化していくことから,平成27年3月に「トンネル長寿命化修繕計画」を策定し,計画的な補修を進めると共に,平成30年度には道路法に基づく5年に一度の法定点検を実施する予定としていました。
 しかしながら,平成29年4月9日に宝池トンネル(昭和41年度建設)において,約30年前の天井補修跡からコンクリート片が剥がれ落ちる事故が発生したことを受け,全てのトンネルの損傷状況をいち早く把握するため,平成30年度に予定していた法定点検を緊急点検として前倒しし,下記のとおり実施します。

                                     記

1 対象トンネル
  17トンネル(厨子奥,御陵,粟田口,花山,清滝,鵜飼,落合,栗尾,宝池,笠,黒田,八瀬,大山,中川,弓槻,杉の里,
 大布施)
 ※ 近年に建設した京北,二ノ瀬の2トンネルについては,建設直後の初期変状を把握するため平成27年度に法定点検実
  施済み

2 点検内容
  主に以下の方法で点検を行います。
  <見る> トンネル全延長で,高所作業車を用いるなどして近接目視により状況を確認します
  <聞く> ハンマー等により全面の打音検査を行い,音の清濁を聞き,異常の有無を確認します
  <防ぐ> 利用者被害の恐れのあるコンクリートのうき等を除去し,予見可能な剥落等を未然に防ぎます

3 実施時期 
  平成29年5月下旬から順次実施予定
 ※ 工期は全体で3~4箇月を見込んでおり,点検時は交通規制を伴いますが,9月上旬から10月上旬には点検を完了し,
  秋の観光シーズンへの影響を最小限にとどめます。

4 その他 
  各トンネルの点検時には,予告看板やビラ等により事前にお知らせします。

トンネルの緊急点検の実施について~トンネルの「傷み」をいち早く調べます~

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局土木管理部土木管理課

電話:075-222-3568

ファックス:075-212-3092