スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

JR東海道線の新駅「桂川」駅の開業と関連公共施設の供用開始について

ページ番号42649

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年5月25日

広報資料

平成20年6月18日

建設局(道路建設課 222-3577)

JR東海道線新駅「桂川」駅の開業と関連公共施設の供用開始について

 京都市では,京都市南西部地域の活性化を図るため,西日本旅客鉄道株式会社,キリンホールディングス株式会社と共同して,キリンビール京都工場の跡地を活用した複合的な都市機能の集積や,新駅の設置及び自由通路,駅前広場,計1,800台を収容する2箇所の自転車等駐車場など,関連公共施設の整備に取り組んできました。

 この度,新駅の名称,開業日,関連公共施設の供用開始日が決定しましたので,お知らせします。

 

1 新駅の名称

  「桂川(かつらがわ)」駅(JR東海道線)

 

2 整備の内容

 (1)位 置

   JR東海道線西大路駅・向日町駅間(西大路駅から2.8km)

   京都市南区久世高田町他

 (2)施 設

   ア 駅施設

     (ア)施設概要  自由通路と一体の橋上駅,12両対応の島式ホーム

     (イ)工事費   10億円

   イ JR東海道線東西自由通路

    (ア)施設概要  東西両側にエスカレータとエレベータを備える歩行者専用道路 

               延長 132メートル,幅員 6メートル 

    (イ)工事費    8億6,500万円 

   ウ 久世高田地区駅前広場及び久世高田地区駅前道

    (ア)施設概要  駅前広場面積 約4,600平方メートル

               バス乗り場3箇所,タクシー乗り場1箇所等

               駅前道 延長177メートル,幅員12メートル

               駅前道により駅前広場と都市計画道路久世北茶屋線を結節

    (イ)工事費    8億8,100万円 

   エ JR新駅西側の自転車等駐車場

    (ア)施設概要  敷地面積 約1,300平方メートル,構造 鉄骨造1階建て

               収容台数 自転車560台,原付440台

    (イ)工事費      3億9,100万円 

   オ JR新駅東側の自転車等駐車場

    (ア)施設概要  敷地面積 約920平方メートル,構造 鉄骨造1階建て

                                    収容台数 自転車720台,原付80台

    (イ)工事費     1億5,400万円  

   カ JR東海道線西側道

    (ア)施設概要  延長 539メートル,幅員 5メートル

               駅北西方面への自転車歩行者専用道路

    (イ)工事費    3億2,700万円  

 

3 開業日

  平成20年10月18日(土曜日)

  新駅開業と同時に自由通路,駅前広場,自転車等駐車場等の関連公共施設も供用を開始する。

 

4 整備効果

  •  京都の玄関口である京都駅から桂川駅までを約6分で結ぶなど,京都市南西部の新たな交通拠点として利便性を向上
  •  キリンビール工場跡地開発をはじめとするにぎわいとうるおいのある良好なまちづくりの促進

 

5 事業主体

  京都市・・・ 自由通路,駅前広場,駅前道,西側道,自転車等駐車場

  西日本旅客鉄道株式会社・・・駅施設

 

6 総事業費

  合計 36億4,300万円

  うち,京都市が26億4,300万円を負担(国庫補助約1/2)

 

7 事業年度

  平成16年度~平成20年度

 

JR東海道線新駅「桂川」駅の開業と関連公共施設の供用開始について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 建設局道路建設部道路建設課

電話:075-222-3577

ファックス:075-213-0559

フッターナビゲーション