現在位置:

放置自動車対策の概要

ページ番号4213

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月16日

放置自動車のない美しいまちをつくろう
 自動車の放置は,市民の安全で良好な生活環境に大きな影響を及ぼすだけでなく,京都の美しい景観を著しく損なうものです。
 京都市では,「世界一美しいまち・京都」の実現を目指して,自動車の放置の防止のために必要な事項を定め,市民・事業者の皆様と一体となって放置をしない,させない取組を進めるため,平成14年4月1日に「京都市自動車放置防止条例」を施行しました。

 

市民の監視・通報

 放置自動車の防止には,市民の皆さんの協力が必要不可欠です。
 次のような場所に放置自動車を発見されましたしたら,それぞれの土地の管理者又は自転車政策推進室・各土木事務所へ御連絡ください。

 1 公道
   京都市が管理している道路(認定道路)

 2 私道
   一般公共の用に供していると思われる私道

 3 京都市の公共用地
   京都市が管理する公園・市営住宅敷地内など

 

迅速な撤去・処分    
 京都市では,京都市自動車放置防止条例に基づいて,放置自動車の撤去・処分を行っています。
 放置自動車を迅速に撤去・処分するため「廃自動車認定基準」に基づいて調査を行い,基準に該当する場合は,「廃自動車」と認定し,撤去・処分します。

「廃自動車」とは…放置自動車のうち,自動車本来の用に供することが困難な状態であること,かつ,不要物等であること,の要件を満たしているものをいいます。

 

違反者に罰金
 放置されている自動車については,所有者や自動車の状況等調査を行い,所有者が判明したときは,その所有者に対して市が撤去を命令し,撤去されない場合には20万円以下の罰金を科します。

 

 自動車駐車場などにつきましては,管理者等の皆様による適切な管理によって,放置の防止に努めていただくようお願いします。万一,自動車が放置されましたら,京都市に御相談ください。

 

お問い合わせ先

京都市 建設局自転車政策推進室

電話:075-222-3565

ファックス:075-213-0017