スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】第10回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウムの参加者募集について

ページ番号245507

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年12月7日

第10回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウムの参加者募集について

平成30年12月7日

環境政策局(地球温暖化対策室 電話:222-4555)

 京都市が構成メンバーとなっている「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術フォーラムでは,毎年,世界で地球環境の保全に著しい貢献をされた方々を顕彰するため,「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式を開催するとともに,殿堂入り者等を囲む国際シンポジウムを開催しています。

 今年度は,下記のとおり開催することとなりましたので,お知らせします。

 

                          記

 

1 日時 

  平成31年2月9日(土曜日) 午後1時~午後4時40分

2 場所 

  国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池) メインホール (定員:1,000名)

3 表彰式等

 ⑴ 「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式 午後1時~午後1時50分

   ア 内容 ・オープニング・アトラクション(殿堂ヒストリー映像・生演奏)      

       ・殿堂入り者表彰式(認定証授与,記念品贈呈)

           ・殿堂入り者記念スピーチ

        - クリスティアナ・フィゲレス氏

        - 山折 哲雄氏

        - エゴ・レモス氏

  イ 主催 「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会

   (京都市・京都府・京都商工会議所・環境省・大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所・公益財団法人国際高等研究所・公益財団法人国立京都国際会館)

 

 ⑵ 「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム 午後2時10分~午後4時40分

  ア タイトル 「新たな常識」:気候変動に立ち向かう

  イ 内容   ・トーク セッション

           エゴ・レモス 氏 × 阿部 健一 氏(総合地球  環境学研究所 教授)

          ・殿堂入り者記念講演

          ・パネルディスカッション        

              (パネリスト) クリスティアナ・フィゲレス氏

                     山折 哲雄氏

                     末吉 竹二郎 氏

              (コーディネーター) 山極 壽一氏(京都大学 総長)

  ウ 主催 「京都環境文化学術フォーラム」

   (京都市・京都府・京都大学・京都府立大学・大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所・大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国際日本文化研究センター)

4 申込期間

  平成30年12月7日(金曜日)~平成31年2月5日(火曜日)

5 申込方法

  氏名,郵便番号,住所,電話番号を御記入のうえ,はがき,FAX,Eメール又はインターネットにて申込み。参加無料。

 <申込先>

  「KYOTO地球環境の殿堂/京都環境文化学術フォーラム」参加受付事務局(株式会社インターグループ内)

  〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル

  電話:06-6372-3051 / FAX:06-6376-2362

  Eメール:earth-kyoto@intergroup.co.jp

  インターネット:http://www.pref.kyoto.jp/earth-kyoto/外部サイトへリンクします

6 問い合わせ先

  「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会事務局/京都環境文化学術フォーラム事務局

  (京都府環境部地球温暖化対策課内)

  電話:075-414-4830 / FAX:075-414-4705

  Eメール:tikyu@pref.kyoto.lg.jp

 

【参考】第10回殿堂入り者(年齢は平成30年12月7日現在)

クリスティアナ・フィゲレス【外交官/前国連気候変動枠組条約事務局長】(1956年生62歳)

気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)における取りまとめ役としてパリ協定の採択に尽力し,地球環境保全に関する世界的な制度の成立や合意形成に貢献。

山折 哲雄 【宗教学者】(1931年生87歳)

環境に関する宗教学的視点からの研究及び啓発によって,環境と共生する思想の普及に貢献。

エゴ・レモス 【歌手/環境保全活動家】(1972年生46歳)【10周年記念特別賞】

歌手であると同時に,平和や自然,持続可能な開発に向けた活動家でもあり,これらの経験を音楽によって,より多くの人に発信。

 

○過去の殿堂入り者

 第1回

  グロ・ハルレム・ブルントラント 氏(ノルウェー王国) 

  ワンガリ・マータイ 氏(ケニア共和国)

  真鍋 淑郎 氏(アメリカ合衆国)

 第2回

  原田 正純 氏(日本)

  エリノア・オストロム 氏(アメリカ合衆国) 

  シグミ・シンゲ・ワンチュク 陛下(ブータン王国)

 第3回

  レスター・R・ブラウン 氏(アメリカ合衆国)

  クラウス・テプファー 氏(ドイツ連邦共和国) 

 第4回

  エイモリー・B・ロビンス 氏(アメリカ合衆国) 

  ヴァンダナ・シヴァ 氏(インド)

 第5回

  宮脇 昭 氏(日本)

 第6回

  畠山 重篤 氏(日本)

 第7回

  ハーマン・E・デイリー 氏(アメリカ合衆国) 

  デヴィッド・タカヨシ・スズキ 氏 / セヴァン・カリス=スズキ 氏(カナダ)

 第8回

  オギュスタン・ベルク 氏(フランス)

  ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ氏(ウルグアイ)

  中村 哲 氏(日本)

 第9回

  ミゲール・A・アルティエリ(チリ・アメリカ合衆国)

  マーガレット・アン・マッキーン(アメリカ合衆国)

  デニス・L・メドウズ(アメリカ合衆国)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション