スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「気候変動アクション日本サミット」に門川市長が出席します!

ページ番号243467

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月4日

「気候変動アクション日本サミット」に門川市長が出席します!

平成30年10月4日

環境政策局(地球温暖化対策室 電話:075-222-4555)

 本市が設立当初から参加している「気候変動イニシアティブ」が,日本における気候変動対策の強化について機運を高めるため,10月12日(金曜日)に東京において「気候変動アクション日本サミット」を開催しますので,お知らせします。

 門川市長が日本の自治体のトップリーダーとして,東京都知事や,グローバル企業の代表者とともに同サミットに出席し,本市の地球温暖化対策や,昨年12月に発表した「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」(以下「京都宣言」という。)について,その意義を発信していきます。

 

                        記

 

1 日時

  平成30年10月12日(金曜日)午後1時~午後6時(午後0時30分開場予定)

2 会場

  東京・虎ノ門ヒルズフォーラム メインホール

  (東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)

3 主催

  気候変動イニシアティブ

4 プログラム(予定)

  ○ 開会挨拶 

    末吉竹二郎 国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問

  ○ 基調講演「気候変動対策をリードする世界の非国家アクター」

    ポール・ディキンソン CDP※1会長

    カール・ポープ アメリカズプレッジ※2副議長,

              前シエラクラブ※3事務局長

    ※1 世界の投資家が参加し,企業の温暖化対策の調査や評価を行う国際的NGO。

    ※2 トランプ大統領のパリ協定離脱表明に対して,マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長らが先導し,パリ協定に沿った気候変動に対応する取組を呼び掛ける企業,自治体などのイニシアティブ。

    ※3 アメリカの自然保護・保全に取り組むアメリカの代表的な環境NGO。

  ○ パネルディスカッション「気候変動アクション最前線」

    ・ 2℃未満目標を先導する企業の取組

    ・ 自然エネルギー100%への挑戦

    ・ 脱炭素に向け地域から日本を変える

  ○ 来賓挨拶

  ○ パネルディスカッション「日本の長期低排出戦略はどうあるべきか」

  ○ トップリーダーセッション

    <パネリスト>

     ・ 門川大作  京都市長

     ・ 小池百合子 東京都知事

     ・ 平井一夫  ソニー株式会社 取締役会長

     ・ 山下良則  株式会社リコー 代表取締役社長執行役員

    <モデレーター>

     国谷裕子 キャスター

  ○ 大会メッセージ

 

<参考>

 1 気候変動イニシアティブの概要

   ○ 気候変動対策に積極的に取り組む意思を有する企業,自治体,NGO,研究機関などの非国家主体を構成員として,情報発信や意見交換を強化することを目的としたネットワーク。

   ○ 参加団体は,報告提出などの義務が課せられることはなく,自発的,積極的に気候変動対策に取り組むことが基本とされている。

   ○ 事務局は,(公財)世界自然保護基金ジャパン,CDPジャパン及び(公財)自然エネルギー財団の3団体が担っており,協力団体として,(一社)イクレイ日本なども参画している。

   ○ 参加団体数は214団体(企業148,自治体22,その他44(平成30年9月21日現在))

 2 気候変動イニシアティブにおける本市の取組

   本イニシアティブの参加団体として,本市が率先して市民,事業者,市民団体の皆様など,様々なステークホルダーと協力して地球温暖化対策により一層取り組んでいくとともに,「京都宣言」の理念について本イニシアティブを通じて広く発信することにより,世界の脱炭素化に向けた取組を牽引していく。

 3 「京都宣言」

   平成29年12月,京都議定書誕生20周年を記念して開催した「地球環境京都会議2017」において,世界18箇国・地域から約1,000名の方々の御参加の下,パリ協定が掲げる今世紀後半の温室効果ガスの実質排出量ゼロの実現に向けて,温室効果ガスの大排出源である都市の責務を示した「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」を発表した。

 

【問合せ先】

 気候変動イニシアティブ事務局(公益財団法人自然エネルギー財団内)

 TEL:03-6866-1020,FAX:03-6866-1021,E-mail:register@japanclimate.org 

 〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 8F

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション