スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「食品ロス削減全国大会 in 京都」の開催 及び 食品ロス削減月間の創設について

ページ番号242773

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月19日

広報資料

平成30年9月18日

京都市環境政策局循環型社会推進部 ごみ減量推進課(電話075-213-4930)

 本市では,ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」と,これを具体化した「新・京都市ごみ半減プラン」に基づき,様々なごみ減量の取組を市民・事業者の皆様の御理解と御協力により実施してきた結果,ピーク時(平成12年度)に82万トンあったごみ量を,平成29年度には41.3万トンと,半減することができました。

 今後,より一層ごみの減量を進めるにあたり,燃やすごみの約4割を占める生ごみ,とりわけ,そのうち約4割を占める手つかず食品や食べ残しといった「食品ロス」の削減に向け,重点的に取り組んでいるところです。

 この度,取組の推進と,食品ロス削減に向けた全国的な機運の醸成を図るため,本市において「食品ロス削減全国大会 in 京都」を開催します。

 また,大会の開催を機に,今年度から毎年10月を「食品ロス削減月間」と位置付け,当該月間において食品ロス削減を一層推進していきます。

「食品ロス削減全国大会 in 京都」の開催

開催の目的

●京都に息づく優れた生活文化,食文化を広く発信し,「食品ロス削減」への理解と実践の輪を広げ,全国的な機運の醸成を図ること。

●京都大学主催の「食と持続可能性」に関する国際シンポジウムと同時開催することで,参加者が食の問題に関する見識をより一層深め,先進事例等の情報を共有するとともに,参加者相互のネットワークを広げる機会とすること。

開催日時

 平成30年10月30日(火曜日)13:00~17:00

 ※ブース出展及びパネル展示は,京都大学主催の国際シンポジウムと合同で,10月29日及び30日の2日間開催

開催場所

 京都大学百周年時計台記念館 大ホール

 ※ブース出展及びパネル展示は,同館2階国際交流ホール

主催等

 主催  京都市,全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会

 共催  環境省,農林水産省,消費者庁,京都大学

プログラム

 13:00 開会,歓迎パフォーマンス(DO YOU KYOTO?ネットワークによる伝統文化の披露)

       生け花 笹岡隆甫 氏(華道「未生流笹岡」家元),小鼓 曽和鼓堂 氏(能楽囃子方 幸流 小鼓)

 13:15 主催者挨拶,来賓祝辞

 13:35 基調講演

       講師 髙橋英一 氏(瓢亭第14代主人) 講演タイトル「京の食文化の継承・発展」

 14:40 セッション(食品ロス削減に係る取組事例の発表や意見交換)

 17:00 閉会

ブース出展及びパネル展示

 展示日程 29日(月曜日)12:00~20:00

        30日(火曜日)9:30~16:40

 展示場所 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール

  ※2日間の展示内容は一部異なる場合があります。

入場料

 無料(事前申し込み要)

申込み方法

 チラシ裏面の申込書により,FAXで事前にお申し込みください。

 申込み先:株式会社ビードリーム(運営受託事業者)

 FAX   :075-256-3717

申込期限

 平成30年10月12日(金曜日)必着

問合せ先

 京都市環境政策局循環型社会推進部ごみ減量推進課(075-213-4930)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

食品ロス削減月間の創設について

 「食品ロス削減全国大会 in 京都」の開催を機に,本市では,今年度から毎年10月を「食品ロス削減月間」と位置付け,食品ロス削減を一層推進します。

平成30年10月の取組

(1)食べ残しゼロ推進店舗(飲食店・宿泊施設版,食品小売店版)認定制度の推進

 事業者の皆様への周知及び認定店舗の拡大を図り,併せて,市民をはじめとする利用者の皆様の食品ロス削減の実践の輪を広げていきます。

(2)市役所本庁舎内での「フードドライブ」の実施

 本庁舎の一部スペース(会議室等)において,本市職員が食品を持ち寄り,フードバンク団体を通じて福祉施設等に寄付する「フードドライブ」を行います。

(3)食品ロス削減をテーマとした「紙芝居」の作成

 食品ロス削減をテーマとした,わかりやすい環境学習素材(紙芝居)を制作し,地域学習会「しまつのこころ楽考(がっこう)」等で活用します。

(4)周知広報の徹底

 ・市内50か所で街頭キャンペーンを実施

 ・市民しんぶん区版の挟み込み(10月)やチラシ・ポスターの作成など,取組をPR

 ・ゼスト御池におけるパネル展

 ・大学生ごみ減量サポーターによるSNSを通じた若者世代へのアピール

記者会見資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課
(電話:075-213-4930)

フッターナビゲーション