スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】イクレイ世界大会2018における「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」の発信・共有による地球温暖化対策の更なる推進について

ページ番号238644

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月13日

イクレイ世界大会2018における「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」の発信・共有による地球温暖化対策の更なる推進について

平成30年6月13日

環境政策局地球温暖化対策室(075-222-4555)

 平成30年6月19日(火曜日)から6月22日(金曜日)まで,カナダ・モントリオール市において,「イクレイ(※1)世界大会2018(※2)」が開催され,イクレイの会員都市をはじめ,研究者,企業,NPO等が世界中から参加し,都市が抱えるテーマ(気候変動緩和策・適応策,持続可能なライフスタイルなど)について情報・意見交換を行うことで,持続可能な社会の実現を目指します。

 京都市からは,イクレイ東アジア地域理事会の議長を務める門川大作市長の代理として植村哲副市長が同大会に参加しますので,お知らせします。

 同大会では,昨年12月の「地球環境京都会議2017(KYOTO+20)」において発表した「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」(以下「京都宣言」という。宣言全文は添付ファイル参照)の発信等を通じて,京都議定書誕生の地の自治体として,世界の温暖化対策を牽引してまいります。

 

                          記

 

1 参加者及び参加期間

 ○氏名・役職 植村 哲 京都市副市長 ほか京都市職員1名

  参加期間 平成30年6月21日(木曜日)~22日(金曜日)

  備考 フランス・パリ市で開催される京都・パリ友情盟約締結60周年記念事業に出席した後,本世界大会に参加

 ○氏名・役職 山中 かおり 地球温暖化対策室「DO YOU KYOTO?」プロジェクト推進担当部長 ほか京都市職員2名

  参加期間 平成30年6月19日(火曜日)~22日(金曜日)

2 京都宣言の発信・共有の内容等

 ⑴ 植村副市長が参加する会議等における発信

  ア イクレイ世界大会2018 全体会議「パートナーシップによる推進」

  (ア)日時

     6月22日(金曜日)8時30分~10時(現地時間)

  (イ)内容

     イタリア・フィレンツェ市(姉妹都市)の市長,カナダ・モントリオール市の市長等とともにスピーチを行う。

  イ 参加都市の首長等との会談

    イタリア・フィレンツェ市の市長,ポーランド・カトヴィツェ市(平成30年12月に開催される「国連気候変動枠組条約第24回締約国会議」(COP24)のホスト都市)の副市長等との会談を行う。

  ウ イクレイ東アジア地域理事会

  (ア)日時

     6月22日(金曜日)10時10分~12時10分(現地時間)

  (イ)内容

     イクレイ東アジア地域理事会の議長である門川市長の代理として,東アジア地域理事会メンバーと意見交換を行う。

 ⑵ その他の本市職員が参加する会議等における発信

  ア イクレイヨーロッパ事務局主催 都市緑化政策等に関する実務者セッション

  (ア)日時

     6月20日(水曜日)14時00分~15時30分(現地時間)

  (イ)内容

     カナダ・モントリオール市,イギリス・ロンドン市等の職員などと意見交換を行う。

  イ イクレイ台湾キャパシティセンター(台湾事務局)主催 低炭素な都市づくり等に関する都市間対話

  (ア)日時

     6月20日(水曜日)14時00分~15時30分(現地時間)

  (イ)内容

     台湾・高雄市,台中市,桃園市等の職員などと意見交換を行う。

 ⑶ 展示ブースにおける京都宣言のPR

   6月20日(水曜日)から6月22日(金曜日)まで,京都市特設の展示ブースにおいて,京都宣言のPR動画を放映するとともに,本市の地球温暖化対策の紹介や,「京都宣言」への賛同の呼びかけなどを行う。

 

<※1>イクレイ(持続可能性をめざす自治体協議会)

 平成2年に国連主催の「持続可能な未来のための世界会議」において設立された,持続可能な社会の実現に積極的に取り組む自治体で構成された国際的な連合組織であり,国連の公式協議機関である。

 世界86箇国・地域の1,500以上の自治体で構成されており,うち,東アジアでは,94自治体(日本20,韓国58,中国4,台湾11,モンゴル1)が加盟している。

 地域単位でのイクレイの活動を促進するため,世界を9地域に分け,地域ごとに活動方針等を決定する機関である地域理事会が設置されており,日本が所属する東アジア地域の理事会の議長に,平成24年5月から門川市長が就任している。

 世界本部はドイツ・ボン市,東アジア事務局は韓国・ソウル市,日本事務所((一社)イクレイ日本)は東京都内に置かれている。

 ※ 日本でのイクレイ加盟自治体(20自治体/政令市は9市)

   京都市,東京都,愛知県,京都府,札幌市,さいたま市,川崎市,横浜市,

   名古屋市,岡山市,広島市,北九州市,武蔵野市,飯田市,松山市,富山市,

   豊田市,下川町,板橋区,墨田区

 

<※2>イクレイ世界大会2018の概要

 (1)日時

   平成30年6月19日(火曜日)~22日(金曜日)

 (2)会場

   モントリオール国際会議場(カナダ・モントリオール市)

 (3)主催

   イクレイ,モントリオール市

 (4)内容

   3年に1度開催され,イクレイの会員都市をはじめ,研究者,企業,NPO等が世界中から参加し,都市が抱えるテーマ(気候変動緩和策・適応策,持続可能なライフスタイルなど)について情報・意見交換を行うことで,持続可能な社会の実現を目指す。

 (5)大会規模等

   ・今大会には,世界71箇国・地域から,地方自治体の首長級100名以上を含む約1,200名が参加予定

   ・日本から参加する自治体は,京都市のみ

 

持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション