スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度「生ごみ3キリ運動」普及啓発に関する企画運営業務の受託候補者選定結果について

ページ番号236951

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月15日

平成30年度「生ごみ3キリ運動」普及啓発に関する企画運営業務の受託候補者選定結果について

 平成30年度「生ごみ3キリ運動」普及啓発に関する企画運営業務の公募型プロポーザルは終了しました。

 今回のプロポーザルについては,参加要件を満たした1社の参加表明をいただき,その結果,選定された事業者は以下のとおりです。

1 事業者名     :  株式会社 関広

2 契約金額(予定):  5,000,000円(税込)

---------------------------以下,公募時の内容--------------------------------

 平成30年度「生ごみ3キリ運動」普及啓発に関する企画運営業務委託について,受託候補者を下記のとおり公募型プロポーザルで選定します。

○参加意思確認書  提出期日:平成30年4月16日 月曜日 午後5時まで

○質問期限 平成30年4月18日 水曜日 午後5時まで

○回答期限 平成30年4月20日 金曜日 午後5時まで

○企画提案書・見積書・業務実績一覧表 提出期限:平成30年4月25日 水曜日 午後5時まで

目的

  今後,更なるごみ減量を進めていくためには,家庭ごみの4割を占める生ごみが食べ残しや手つかずの食品といった可食部であるとともに,約8割の家庭ごみが水分を占めていることから,市民の意識と行動が変化することによって,大幅な減量を進めていく余地があり,

 ・食材を使い切る「使いキリ」

 ・食べ残しをしない「食べキリ」

 ・ごみとして出す前に水を切る「水キリ」

  これらの3つの「キリ」を推進する「生ごみ3キリ運動」を広く知らせ,市民に主体的に取り組んでもらえるよう継続的に啓発していくことを目的としており,その企画運営業務を選定するものである。

  これまで,平成29年度は,「NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーン」を実施し,「食べ残しゼロ推進店舗」の拡大に向けた取組や30・10運動普及啓発キャンペーンを実施してきた。

  今年度は,食品ロス削減に向けた効果的な取組やイベント等を実施し,市民に向けて積極的な情報発信を行い取組の推進を図っていく。 

プロポーザルに関する資料及び様式

 本業務に係るプロポーザルの募集要項および仕様書等については,以下のとおりです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課
TEL:075-213-4930 FAX075-213-0453

フッターナビゲーション