スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度事業者排出量削減計画書制度に係る業務における受託候補者の選定について

ページ番号234906

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月3日

公募型プロポーザルを実施します

 平成30年度事業者排出量削減計画書制度に係る業務に関し,受託候補者を公募型プロポーザル方式により選定するため,下記のとおり募集します。

◆提案書の募集期間

 平成30年度4月3日(火曜日)から平成30年4月17日(火曜日)午後5時30分(必着)

目的

 本市では,平成22年10月に改正を行った「京都市地球温暖化対策条例」において,2020年度までに温室効果ガスの排出量を1990年度比25%削減,2030年度までに同40%削減という目標を掲げ,その実現に向けた各種施策を強化することとしています。

 京都市地球温暖化対策条例に規定する事業者排出量削減計画書制度では,平成23年度以降の3箇年ごとに計画期間を設定し,特定事業者に期間中の事業者排出量削減計画書及び事業者排出量削減報告書の提出を義務付けています。

 平成30年度においては,第三計画期間(平成29~31年度)の第1年度である平成29年度実績の報告書を受け付けます。

 本業務では,京都市が実施する,事業者への報告書の提出依頼及び提出受付及び公表等の支援を行うとともに,提出された報告書の分析及び事業者への訪問調査の業務を実施することで,事業者の実効ある温暖化対策の推進を図ることを目的とします。

プロポーザルに関する資料一式

 本事業に係る業務委託の内容及びプロポーザルに関する資料は以下のとおりです。こちらをご覧になっていただき,提案書の作成及び提出をお願いいたします。

質問に対する回答

質問の受付は終了しました。なお,質問はありませんでした。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション