スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】祇園祭後祭エコ屋台村,今年もオープン

ページ番号221964

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月20日

広報資料

平成29年6月20日

環境政策局循環型社会推進部ごみ減量推進課(075-213-4930)

祇園祭後祭エコ屋台村について

 京都市では,お祭りやイベントから出るごみを減らすため,リユース食器(洗うことで繰り返し使うことのできる容器)を用いた飲食の提供を推奨しています。

 このたび,リユース食器の活用促進をPRするとともに,来場者のみなさんに多彩な催しをお楽しみいただくため,祇園祭後祭の中心地で「エコ屋台村」を開催しますので,お知らせします。

 今年の目玉企画は『もったいない屋台』。食品ロス削減をテーマとする美味しい屋台3店が出店します。また,ステージでは『文化』をテーマに,鷹山の祇園囃子・IKENOBOYS・ヤッサン一座の紙芝居・トラりんなどが続々登場するなど,楽しい企画が満載です。

1 祇園祭後祭エコ屋台村の概要

⑴ 日時

   平成29年7月21日(金曜日),22日(土曜日),23日(日曜日)の3日間

   各日 午後5時~午後9時30分(※雨天決行)

⑵ 場所

     京都芸術センター グラウンド(中京区室町通錦小路上る東側) ほか

⑶ 飲食屋台

    京都の人気飲食店,屋台の定番商品などリユース食器を使った飲食屋台10店舗程度を出店。うち,食品ロス

 削減をテーマとした『もったいない屋台』を3店出店。

      1 .   規格外の食材を使ったカレー

      2.    飲食店のまかないメニュー

      3.    保存がきく漬け野菜のメニュー

⑷ ステージ,コーナー等

 ア 文化をテーマとした催し

      1.    舞妓さんによる舞の披露(21日)

      2.    鷹山保存会による祇園囃子(21~23日)

      3.    ヤッサン一座の紙芝居(21日)

      4.    華道男子グループ「IKENOBOYS」のいけばなパフォーマンス(22日)

      5.    京都国立博物館公式キャラクター「トラりん」の登場(21日)

      6.   洛央小学校の子どもたちが製作した「行灯」の展示 (21~23日)

      7.    高倉小学校の子どもたちによる「わらべうた」 (21日)

      8.    和装小物の端材を使った「エコ」しおり製作ワークショップ(21~23日)

      9.    京都市ごみ減量推進会議による「リーフ茶」の振る舞い(22日)

 

 イ ミニエコまち・わくわくキッズコーナー(21~23日)

      1. エコまちステーションによる「ミニエコまち」の設置

      2. エコまちステーションによるステージでのクイズ大会

      3. ごみ減量についてのゲームコーナー

      4. 昔ながらのお祭り屋台での遊び

 

【休憩所】

 メイン会場の他,宮井株式会社京都本社(風呂敷専門店・京都唐草屋の前)で,

リユース食器を使って冷たいお茶を無料で提供する休憩所を設置します。

 

⑸ オープニング・セレモニー

 エコ屋台村オープンの初日,門川大作京都市長,舞妓さん,京都国立博物館公式

キャラクター「トラりん」などが登場し,子どもも大人も楽しめるオープニングセレモニーを開催します。

 ア 日時 平成29年7月21日(金曜日) 午後6時~午後6時40分(予定)

 イ 場所 メイン会場(京都芸術センター グラウンド)

 ウ 内容

   舞妓さんによる舞の披露

   トラりん・エコちゃん・こごみちゃんの登場

   高倉小学校の子どもたちによる「わらべうた」 など

 

2  「エコ屋台村」の特徴

・ 特徴1 「リユース食器」を使った屋台

  使い捨て容器ではなく,洗うことで繰り返し使える

    「リユース食器」を用いて飲食を提供します。

 

・ 特徴2  食品ロス削減をテーマとした屋台

     規格外の食材を使ったカレー,飲食店のまかないメニュー,

     漬け野菜のメニューなど『もったいない屋台』を出店します。

 

・ 特徴3  体験型環境学習ブース

    「ミニエコまち」「わくわくキッズコーナー」では,昔ながらのお祭り屋台での

 遊びと,ごみ減量についてのゲームをドッキング。楽しみながら環境について学べます。

 

3 ごみ減量効果

 平成28年度は,エコ屋台村に15,000人を超える来場者が訪れ,45Lごみ袋

で約120袋分の減量効果がありました。

 

お問い合わせ

 京都市 環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課減量企画担当

 電話:075-213-4930 FAX:075-213-0453

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課
(電話:075-213-4930)

フッターナビゲーション