現在位置:

平成29年度「夏のエコオフィス運動」について

ページ番号217695

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月21日

 京都市役所では,「京都市役所CO2削減率先実行計画」に基づき,温室効果ガスの排出量削減,省エネルギーの推進に

全庁を挙げて取り組んでいます。

 この度,国及び関西広域連合と連携し,平成29年度の「夏のエコオフィス運動」の取組を下記のとおり実施しますので,

お知らせします。

 なお,実施に当たっては,京都の伝統産業の活性化にもつながるよう,京都市ならではの取組を進めていきます。

 このホームページを御覧の皆様におかれましても,夏季の適正冷房(28℃)の推進及び軽装勤務の普及・定着に御協力を

お願いいたします。

1 実施期間

 平成29年5月1日(月曜日)から10月31日(火曜日)まで

2 取組内容

⑴  執務室の温度管理の徹底

 ア 市庁舎や事業所等における執務室の冷房温度は,28度を目途に適切な管理を徹底します。

 イ 京都市主催の各種会議,イベント会場等においても,支障のない範囲で適正な冷房温度の設定を励行します。

⑵ 軽装勤務の励行

 ア 執務室の温度管理を徹底するための軽装勤務(ノー上着,半袖シャツ,綿パンの着用等)を励行するとともに,

  気温の状況や公務のTPO(時間,場所,場合)に応じて,上着やネクタイを着用するなど,

  「夏のエコオフィス運動」の趣旨に沿った服装や身だしなみを意識するよう,積極的に周知します。

 イ 京都市主催の各種会議,イベント会場等においても,軽装での出席を励行するとともに,外部からの出席者へも

  支障のない範囲で協力を依頼します。

⑶ 伝統産業製品の利用の推奨

  地場産業である伝統産業振興の観点から,涼感を演出する「西陣織」のネクタイなどの着用を推奨するとともに,

 京扇子,京うちわ,手ぬぐい及び竹製品など,京都の夏を涼しく過ごすための伝統産業製品について,積極的な利用を

 推奨します。

 ※5月1日から,オンラインショップ「京もの専門店「みやび」」で「夏の京もの特集」として,

  西陣織のネクタイ,京扇子,京うちわ等を企画販売します。

3 取組内容の周知

 取組内容の周知を図るために,別紙のポスターを各所属の執務室の入り口などに掲示することで,

庁内全体で省エネルギーへの取組に対する意識を高めるとともに,来庁者への周知を図ります。

 また,関係団体等に対して本取組を周知し,協力を要請します。

 なお,民間企業等において,ポスターを御活用いただける場合には,本市のホームページからダウンロードすることが

できます。 

「夏のエコオフィス運動」ポスター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286