現在位置:

【広報資料】「京都の社寺と生物多様性 第2号」,「平成28年度版 京の生きもの発見ガイド」,「未来へつなごう!京都の生物多様性 平成28年度版」の発行について

ページ番号216660

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月31日

広報資料

平成29年度3月31日

環境政策局(環境企画部環境管理課 電話:222-3951)

「京都の社寺と生物多様性 第2号」,「平成28年度版 京の生きもの発見ガイド」,「未来へつなごう!京都穂生物多様性 平成28年度版」の発行について

 この度,京都市では,「京都市生物多様性プラン~生きもの・文化豊かな京都を未来へ~」に基づく環境教育・普及啓発の一環として,冊子「京都の社寺と生物多様性 第2号」,「平成28年度版 京の生きもの発見ガイド」,「未来へつなごう!京都の生物多様性 平成28年度版」を3冊同時に発行しましたので,お知らせします。

1 各冊子の概要

(1) 京都の社寺と生物多様性 第2号


ア 目的

 京都ならではの自然環境を形作る重要な要素である社寺林や庭園の多様な生きものを紹介することで,市民や観光客の皆様が,京都の社寺林や庭園を訪問される際に,生物多様性保全にも着目していただく契機となることを目的としています。

 第2号となる本冊子では,「大覚寺」と「平安神宮」を紹介しています。

イ 主な内容

(ア) 大覚寺等の紹介

(イ) 大覚寺の生きものマップ(春,夏,秋/冬)

(ウ) 平安神宮等の紹介

(エ) 平安神宮の生きものマップ(春,夏,秋/冬)

ウ 仕様

A4判20ページ

「京都の社寺と生物多様性 第2号」のダウンロードはこちら

(2) 平成28年度版 京の生きもの発見ガイド


ア 目的

 子どもたちが本市の豊かな自然に触れ,様々な生きものを知り,親しむことを目的としています。

イ 主な内容

 宝が池公園周辺に生息する昆虫,植物,鳥などの多様な生きものについて,それらの特徴とともに紹介しています。

 また,市内で身近に見られる生きものについて,それぞれのつながりに着目して解説するほか,野外観察に出かける際の注意点等についても掲載しています。

ウ 仕様

A5判16ページ

「平成28年度版 京の生きもの発見ガイド」のダウンロードはこちら

平成28年度版 京の生きもの発見ガイド

(3) 未来へつなごう!京都の生物多様性 平成28年度版


ア 目的

 生物多様性について理解し,保全活動に参加される方が増え,市内における生物多様性の保全活動の輪が広がることを目的としています。

イ 主な内容

 第1章では,生物多様性について解説するとともに,京都市の取組や市内の保全活動団体とその活動内容を紹介しています。

 また,第2章では,公益財団法人京都市都市緑化協会制作の「和の花を育てる4」を収録し,京都ゆかりの植物であるカザグルマ,アヤメ及びカワラナデシコについて,生物多様性の観点から分かりやすく紹介しています。

ウ 仕様

A5判36ページ

未来へつなごう!京都の生物多様性 平成28年度版

未来へつなごう!京都の生物多様性 平成28年度版

2 配布場所

各区役所・支所内のエコまちステーション,京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター),図書館等で配布します。

3 配布開始

平成29年3月31日(金曜日)

広報資料のダウンロードはこちら

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局環境企画部環境管理課

電話:075-222‐3951

ファックス:075-213-0922